2018年11月6日火曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバーのプロトタイプが目撃。

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。
市販化が発表された新型ポルシェ・ミッションEクロスツーリスモの開発車両?

市販化が発表されたポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプ?


ポルシェは、2015年に電気自動車のコンセプトカー「ミッションE」を発表し、その後、「ミッションE」をベースにした同社初のフル電動スポーツカーの市販モデル「タイカン」を2020年にも発売する予定であることも発表していますが、さらにこの「タイカン」の派生モデルとして、4ドアクロスオーバーの「ミッションEクロスツーリスモ」の市販化を決定したと2018年の10月に発表しました。

先日、そんな現在市販化に向けて開発中の新型EVクロスオーバーとなる「ミッションEクロスツーリスモ」と思われるプロトタイプの姿が撮影されましたのでご紹介したいと思います。


「クロスツーリスモ」は「タイカン」よりも実用的な4ドアシューティングブレークに?

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。
フル電動スポーツカーの派生モデルとしてシューティングブレークスタイルで登場する?

今後登場する「タイカン」自体が4ドアクーペモデルとなるようですが、「ミッションEクロスツーリスモ」では、ラゲッジスペースが大型化されるなど、シューティングブレークスタイルに仕上げられると考えられ、今回撮影されたプロトタイプも、部分的にカモフラージュされてはいますが、先に披露されたコンセプトモデルのスタイルと、今回の試作段階でのスタイルから、クーペスタイルの「タイカン」よりも実用的なモデルになるのではないかと思われます。(パナメーラとスポーツツーリスモのような関係?)

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。
ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。
ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。

ちなみに、先日の市販化決定の発表の際に、ポルシェにより、4ドアの「クロスツーリスモ」は800Vのシステムを搭載し、急速充電ネットワークへの接続が用意、システム出力は600PS、航続距離は500kmに達するということが公表されましたが、現時点ではそれ以上の詳細は不明です。

ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」から派生したクロスオーバー「ミッションEクロスツーリスモ」のプロトタイプが目撃。
こちらがコンセプトモデルとして発表された「ミッションEクロスツーリスモ」(画像:プレスイメージより)

また、ポルシェでは、この「ミッションEクロスツーリスモ」の生産のために工場で新たに300人を雇用(タイカンの導入で1200人のを雇用を創出)、電気自動車部門へ今後60億ユーロ以上を投資していく予定であるということからも、電気自動車のスポーツカーというジャンルが近い将来、かなり注目される存在になるのではないでしょうか?

関連記事
ポルシェ、新型ステーションワゴン「パナメーラ・スポーツツーリスモ」を発表。

ポルシェの電気自動車「ミッションE」の市販化が決定。
記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。