生産終了したレクサスの高性能モデル「IS F」が数年後に復活か!?次期「IS」ベースで登場のウワサ。

レクサス IS F 新型
レクサスの高性能モデル「IS F」が数年後に復活との噂。※画像は予想イメージです。

レクサスの「IS F」が次期型「IS」ベースで登場との噂。


レクサスのスポーティ4ドアモデル「IS」の高性能仕様として2017年に登場し、2014年に販売終了となった「IS F」ですが、数年後に登場すると思われる第4世代の「IS」の新型をベースに、その上位グレードとして復活する可能性が噂されています。



2014年に生産終了となった「IS F」が第4世代「IS」ベースで復活か?

レクサス IS F
2014年に生産終了が発表された先代「レクサス IS F」

あくまで噂ですが、欧州発の情報として、2020年以降に登場すると思われる第4世代となる新型「IS」は、FRプラットフォームの「TNGA」が採用され、ボディサイズも拡大されるらしく、ターボエンジン搭載モデルのほか、ハイブリットなどがラインアップされるとされており、さらに、2007年にプロトタイプが披露され、後に市販モデルとして販売され、2014年7月に米国向けの最終モデルを最後に生産終了となった「IS」ベースの高性能モデル「IS F」が、次期型で復活する可能性が高いとのこと。

レクサス IS F
現在は「GS」と「RC」のみに設定されている高性能バージョンが「IS」にも復活するのでしょうか?

現在のレクサスの「F」モデルのラインアップは「GS F」と、先日マイナーモデルチェンジが発表されたばかりの「RC F」のみとなっており、ISは「F SPORT」は存在するものの、本格的な高性能バージョンは展開されておらず、未発売のモデルとしては「LC」ベースの「LC F」の登場も噂されていることから、もし今回の情報が事実なら、本格的に「F」モデルのラインアップが充実していくことになるのではないでしょうか?

ちなみに、次期型の「IS」の登場は2020年後半から2021年にかけてと予想されており、もし新型「IS F」が登場するなら、その後ということになりそうですね。
生産終了したレクサスの高性能モデル「IS F」が数年後に復活か!?次期「IS」ベースで登場のウワサ。 生産終了したレクサスの高性能モデル「IS F」が数年後に復活か!?次期「IS」ベースで登場のウワサ。 Reviewed by hossy on 18 1月 Rating: 5
Powered by Blogger.