2019年2月28日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

BMWの新型「M3」には軽量仕様など3つのグレードが設定される可能性も?

BMWの新型「M3」には軽量仕様など3つのグレードが設定される可能性も?
写真は現在開発が行われている次期型「M3」のプロトタイプがテスト走行している様子。

BMWの次期型「M3」は3つのグレードが用意されるかも。


BMWが「3シリーズ・セダン」に設定している上位の高性能な「M」モデル「M3」の次期型モデルは、現在市販化に向けて開発が行われている最中のようですが、この新型「M3」について、噂ですが、3種類のグレードが用意される可能性があるようです。


開発中の新型「M3」に「ピュア」「ベース」「コンペティション」のグレードが用意?

BMWの新型「M3」には軽量仕様など3つのグレードが設定される可能性も?
噂ですが、2020年または、早ければ2019年の秋頃に発表される可能性もあるのだとか。

真相は正式発表まで分かりませんが、噂によると、次期型の「M3」には、「ピュア」「ベース」「コンペティション」という3つのグレードが設定される可能性があるらしく、「ピュア」と呼ばれるグレードは3つの中で最も軽量化された仕様で、「ベース」は最高出力475馬力、そして最上位となる「コンペティション」は500馬力になるのではないかとこと。

BMWの新型「M3」には軽量仕様など3つのグレードが設定される可能性も?
こちらは先代の「M3コンペティションパッケージ」の写真。(プレスイメージより)
噂では次期型でも設定される可能性があるようです。

今回掲載している写真は、現在開発が行われている「M3」のプロトタイプのものとのことで、カモフラージュはされていますが、外装を見る限り、センター寄せの4本出しエキゾーストパイプは新型でも採用されるようです。

BMWの新型「M3」には軽量仕様など3つのグレードが設定される可能性も?
グリルやライトに至るまでデザインがわからないようにされているものの、後部のエキゾーストパイプを見ればすぐに「M3」だと分かりますね。

今までは上位モデルの「コンペティション」の他に、限定的に「CS」などの高性能な仕様が登場したことはありましたが、もし今回の情報の通りなら、「M3」の中に複数のグレードが用意され、好みに応じて選べるというカタチになるものと考えられるので、通常のモデルだけでなく、よりサーキット走行寄りの軽量でスポーティな方向性だったりと、今まで以上に選択肢が広がるかもしれませんね。
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。