BMWが開発中の新型EV4ドアクーペ「i4」のプロトタイプが目撃!

BMW i4
BMWが開発を進めている「i」ブランドの新型4ドアクーペ「i4」とされるプロトタイプの写真。

BMWが開発中のEV4ドアクーペ「i4」のプロトタイプがテスト走行。


BMWがサブブランドとして展開している「BMW i」には、現在、コンパクトなEVの「i3」と、プラグインハイブリッドスポーツカーの「i8」がラインアップされていますが、今回ご紹介する車両は、今後、iブランドに新たに追加される新型の4ドアクーペ「i4」のプロトタイプとのこと。



数年以内に登場するクーペスタイルの新型4ドアEV「i4」の噂。

BMW i4
コンセプトカーとして2017年に披露された「iビジョン・ダイナミクス」がベースとなっているとのこと。

現在、「i3」と「i8」がラインアップされている「BMW i」ブランドには、今後、クロスオーバーSUVとなる「iX3」が追加されるらしく、こちらの「BMW i4」と呼ばれるモデルは、「iX3」に続く第4弾モデルと噂されており、市販モデルは実用性を高めたスタイルを持ち、550km〜700km程度の航続距離で、加速性能もクラス最速レベルとなるのではないかと予想されています。

BMW i4

欧州での開発テストの様子が撮影された「i4」のプロトタイプは、カモフラージュされたサイドに電気自動車のテストであることを示す文字がある以外は、通常のBMWの4ドアモデルのような雰囲気にも見えますが、現行型の「BMW i」ブランドのモデルは、ガソリンモデルと比較すると先進的なデザインが採用されており、「i4」のベースとなっているデザインは、2017年にフランクフルトモーターショーにて披露されたコンセプトカー「iビジョン・ダイナミクス」とされているので、実際に市販化されたモデルも、コンセプトカーのようなユニークなデザインとなっている可能性も高そうです。

BMW i4

こちらの「i4」については、2021年の登場が予定されているらしく、今後、数年でBMWの電気自動車などのラインアップも変化していくのかもしれませんね。
BMWが開発中の新型EV4ドアクーペ「i4」のプロトタイプが目撃! BMWが開発中の新型EV4ドアクーペ「i4」のプロトタイプが目撃! Reviewed by hossy on 27 3月 Rating: 5
Powered by Blogger.