2019年4月7日日曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

開発中のBMW 2シリーズの最強モデル「M2 CS/CSL」のプロトタイプ&最新情報!

BMW M2 CS/CSL
BMWが現在開発中の新型高性能モデル「M2 CS/CSL」についての最新情報が入ってきました!

BMWの2シリーズの最強モデル「M2 CS/CSL」の最新情報。


BMWのコンパクトモデル「2シリーズ」には、高性能なMモデルがラインアップされていますが、今後、M2を超える最強モデルとして設定されることが噂されている「M2 CS/CSL」の開発車両に接近して撮影された写真、さらに、未確定ではありますが、同モデルの性能などに関する情報も入手しましたのでご紹介したいと思います!


コンパクトクーペを過激に仕上げた「M2 CS/CSL」

BMW M2 CS/CSL
欧州で撮影された「BMW M2 CS/CSL」のプロトタイプの写真です。

欧州のガソリンスタンドで目撃されたこちらのプロトタイプは、フロント部分などに部分的なカモフラージュは施されているものの、それ以外はほぼ全てのデザインが判別可能な状態となっており、高性能なカーボンセラミックブレーキや、膨らみを持った立体的なボンネットフードなど、ベースモデルよりもアグレッシブな印象のエクステリアデザインに仕上げられているのが確認できます。

BMW M2 CS/CSL
BMW M2 CS/CSL
部分的なカモフラージュは施されていますが、全体的にはほぼデザインが判別可能な状態ですね。

また、入手した情報によれば、こちらの「M2 CS/CSL」には、上位モデルの「M3」や「M4」から流用された3.0リットルの直列4気筒S55ツインターボエンジンが搭載され、最高出力も「M2コンペティション」を上回る445馬力となるようで、加速性能についても、コンパクトモデルでありながら停止状態から100km/hに到達するまで、4秒以下に短縮されるらしく、実際に登場すれば、ベースモデルや「M2」と比較してもかなり過激なモデルとなるのではないでしょうか?

M2「CS」?それとも「CSL」?名前はまだどちらになるのか判明していません。

BMW M2 CS/CSL
「CSL」は「Coupe Sport Lightweight」の略で、かつて設定されていた名前で、復活する噂があります。

ちなみにですが、車名の表記をCS/CSLとしているのは、現時点で「CS」になるのか、「CSL」になるのかがまだ正式に発表されていないためとのことで、恐らくですが、M2の後に「CS」か「CSL」と付いた名前が付けられるのではないかと思われます。

そして気になる市販モデルの発表時期についてですが、早ければ2019年の秋に開催されるフランクフルトモーターショー、それ以降となると、翌年2020年の3月に開催されるジュネーブモーターショーになるのではないかと予想されているとのことです。
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。