ホンダが新型の「EVスポーツクーペ」を開発中との噂。

ホンダが新型の「EVスポーツクーペ」を開発中との噂。

新型EV「Honda e」の派生モデル?2ドアEVクーペ登場の噂。


ホンダは、2019年の3月に開催されたジュネーブモーターショーにて、新型の電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」のプロトタイプを公開し、このモデルをベースにした市販モデルを2019年後半にも生産開始することをアナウンスしていますが、このモデルから派生した2ドアクーペバージョンが開発される可能性があるようです。


過去に公開された「スポーツEVコンセプト」を発展させたデザイン?

ホンダが新型の「EVスポーツクーペ」を開発中との噂。
2019年にも生産予定の「Honda e」のプロトタイプ。(画像:プレスイメージより)

遡ること2017年の東京モーターショーにて、ホンダは「スポーツEVコンセプト」と呼ばれるレトロ感のあるデザインのEVコンセプトモデルを発表しており、丸眼ヘッドライトなど、ユニークなこのモデルのスタイルは、もうすぐ市販化される予定の新型EV「Honda e」とも共通したデザインに仕上げられていました。

そして最近、4ドアの「Honda e」とは異なる、2ドアスポーツカーのデザインの特許が申請されたことが海外メディアなどでも報じられており、コンセプトのデザインが「ロングノーズ・ショートデッキ」だったため、シルエット的には異なりますが、ヘッドライトやテールライト部分の形状が「スポーツEVコンセプト」とほぼ同じだったことから、コンパクトEVの「Honda e」から派生したEVクーペとなるのではないかと考えられているようです。


現時点では正式な発表などは無いため、実際に市販化されるのかは不明ですが、このようなデザインを特許申請しているということは、2017年当時のコンセプトモデルに留まらず、そこから発展させた2ドアスポーツクーペについても模索され続けているようですね。
ホンダが新型の「EVスポーツクーペ」を開発中との噂。 ホンダが新型の「EVスポーツクーペ」を開発中との噂。 Reviewed by hossy on 25 8月 Rating: 5
Powered by Blogger.