スポンサーリンク
2013年11月5日火曜日

レクサスが新型クーペ「Lexus RC」が東京モーターショーでデビュー


レクサスRC
渋谷109の前を走るレクサスRCのイメージ。(公式プレスリリースより)

レクサスが放つスポーツクーペ「Lexus RC」

11月20日(水)から12月1日(日)まで東京ビッグサイトで行われる第43回東京モーターショー2013レクサスが新型のスポーツクーペ「LEXUS RC」が発表されました。

日本を代表する高級車ブランドとしてのレクサスから近年レクサスの新たなアイコンとなっている「スピンドルグリル」を採用した攻撃的なデザインの2ドアクーペが登場する事になりそうです。


レクサスRCの公式プロモーションビデオ。

以下よりレクサスが新たに公開した公式のレクサスRCのプロモーションビデオをご覧いただくことが出来ます。



個人的にGT-Rなどもそうですが、日本車もクーペでここまで来たかと思うモデルで正直カッコいいと思います。レクサスRCは同じセグメントでリリースされているライバルのモデルとも十分に戦うことが出来るスタイルのクーペと考えています。

コンセプトカー「LF-CC」を具体化した市販モデルとして登場。

レクサスRC
レクサスRCのデザインはこのようなカタチ(公式プレスリリースより)

東京モーターショーでデビューした新型クーペ「レクサスRC」は2012年のパリ・モーターショーでお披露目されたコンセプトカー「LF-CC」をベースとしたスポーツクーペとなっており、レクサスRCのデザインも当時のコンセプトカーの流れを活かしたままで構築されており、今回の発表では「東京モーターショーで新型クーペLEXUS RCがデビューします。」との記載があるので、コンセプトカーなどではなく先日レクサスから発表されているRCのイメージのものがほぼ完成形としてそのまま市販車として発売されるとの予測がされています。

以下がレクサスLF-CCコンセプトカーのプロモーション動画↓



「レクサスRC」のライバルはBMW 4シリーズ?

レクサスRC
横から見たレクサスRC(公式プレスリリースより)

レクサスRCのライバルとして考えられるのがBMWのラインナップに新たに投入された4シリーズだと思われ、サイズも

レクサスRCが全長4695mm×全幅1840mm×全高1395mmで
ホイールベースが2730mm、

BMWの4シリーズが全長4640mm×全幅1825mm×全高1375mm、
ホイールベースが2810mm

となっておりレクサスRCが販売されれば4シリーズの強力なライバルとなる可能性も秘めています。


「RC」のデザインは今までのレクサスより力強いものに。

レクサスRC
レクサスRCのリアデザイン。LEDデザインはレクサスを意識させるもの。(公式プレスリリースより)

レクサスRCのデザインは今までレクサスがリリースしてきたラインナップよりも力強いラインを採用し、レクサスのフロントイメージであるスピンドルグリルを搭載した攻撃的でスポーティなものとなっており、ホイールは19インチと18インチのものが用意され、今までのレクサスとは異なるカタチのスポーツカーとしての美しいボディーラインを実現しています。

インテリアは豪華に、そしてスポーティに。

レクサスRC
レクサスRCのインテリアはエレガントな仕上がりに。(公式プレスリリースより)

エクステリアのデザインはスポーツカーですが、インテリアについてはレザーや木材をふんだんに取り入れたエレガントなものが採用されており、色、素材、照明の3つを融合させて最大限に生かしたデザインがされているとのこと。シートはスポーツクーペとしてのドライバーの体を支え安定したドライブを行えるのとともに、レクサスらしい乗り心地を高めてその両方を融合させたるために表皮一体発砲シートを導入。

照明については通常の自動車のような上から下へ照らして明るくするものとは異なり、レクサスRCでは下から上へ車内を照らすカタチを採用した事により、全体を光が包み込むような効果を生み出し、優雅な車内を実現してくれるようです。

また、レクサスRCのコックピットは「スポーツコックピット」と表現されており、オペレーションゾーンと、ディスプレイゾーンに分かれた配置となっている他、「リモートタッチインターフェース」(パソコンのマウス操作のようにディスプレイ内のポインターを操作するタイプのものと思われる)が採用され、それぞれの操作を行えるようです。


レクサスRCのスペックは?

レクサスRC
レクサスのスピンドルグリルにより威圧感は抜群(公式プレスリリースより)

レクサスRCのスペックについては詳細なものは東京モーターショーでの発表となるようですが、現時点で判明しているものとして、上記にも記載した全体のサイズの他に3.5リッターのV6エンジンと2.5リッターのハイブリッドエンジンが用意されるとの事。

レクサスRC
レクサスRCのテクノロジー。(公式プレスリリースより)
3.5リッターエンジンのモデルは、最高主力が234kW(318ps)、最大トルクが380Nm (38.7kg-m) で、2.5リッターのハイブリッドエンジンを搭載したモデルは直列4気筒エンジン+モーターを組み合わせたものとなり最高出力が131kW(178ps)+105kW (143ps)、最大トルクが221Nm (22.5kg-m)+300kW (30.6Nm)となるとのことです。

レクサスはこの他にもコンセプトカー「LF-NX」を出展。





今回の東京モーターショーではレクサスはこの記事でご紹介したレクサスRCの他に、D-Cセグメントの小型SUVコンセプトカー「レクサス LF-NX」のジャパンプレミアも行うようですのでこちらのモデルも現在はコンセプトカーの段階ですが今後のレクサスラインナップに新しいセグメントの位置づけで改めて登場するかもしれません。

★この記事は東京モーターショー開催にともなうレクサスRCの正式発表の後に画像、動画など一部を追加しております。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。