2018年11月8日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

世界一速い自動車は?2018年版「世界最速の車ランキング」TOP13(0-100km/hの加速編)

世界一速い自動車は?2018年版「世界最速の車ランキング」TOP13(0-100km/hの加速編)
世界で最も速い車ランキングTOP13【2018年版】(0-100km/hの加速編)
(画像:Some rights reserved by andrewbasterfield

世界で一番加速が速いスーパーカーは?「世界最速のクルマ」TOP13を発表


新型のスポーツカーやスーパーカーが発表された際に、加速性能をアピールする数値として紹介されることの多い「0-100km/h」に到達するまでのタイム。

一般的なクルマの場合、0-100km/hまでに到達するまでの時間は10秒以上、5秒以下ならかなり速い印象だったりするのが普通ですが、世界には次元の違うレベルで文字通りあっという間に100km/hに到達してしまう驚異的なスーパーカーが多数存在しています。

2018年度にランキングを更新した際、順位が大きく入れ替わったり、僅差や同じ数値のモデルが複数登場したこともあり、今回はトップ10ではなく「トップ13」(0-100km/h加速2.7秒台)からのご紹介に変更しました!

今回は、そんな0-100km/hまでの速度が世界で最も速い「世界最速の車のトップ13」をご紹介したいと思います!※2018年11月現在のランキングです。


世界で最も速い車の最新ランキングTOP13【2018年度】

0-100km/hが世界で一番速い車
2018年現在で最も速い車は?Some rights reserved by Damian Morys Photography

記事のタイトルでは「世界最速の車」と記載していますが、今回は、0-100km/hに到達するまでの時間が最も短い車というカタチでランキングにしてみました!

ランキングの車両紹介では、タイムとともに最高速度などもご紹介しています。
以下より13位(2.7秒台)からご覧下さい。


13位「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」・2.7秒

世界最速の車 「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」の写真
「アポロ・オートモービル」から発表された「インテンサ・エモツィオーネ(IE)」
(画像:プレスイメージより)

2017年に、かつてのドイツのスーパーカーメーカー「グンペルト」を引き継ぐ新たなブランド「アポロ・オートモービル」から発表された新型モデル「インテンサ・エモツィオーネ(IE)」が0-100km/h加速2.7秒で13位にランクインしました。

デザイン的にも個性的で強烈な存在感の「アポロ・インテンサ・エモツィオーネ」は、最高出力780HPの6.3リットルV12エンジンを搭載し、最高速度は335km/h。限定10台のみの生産で、基本価格で日本円にして約3億円(オーダー時にカスタムするとさらに高額に。。。)という希少で高額なスーパーカーとなっています。


13位「マザンティ・エヴァントラ・ミレカヴァッリ」・2.7秒

世界最速の車 マザンティ・エヴァントラ・ミレカヴァッリ
セレブ向けなイタリアンスーパーカーブランド「マザンティ」の最新モデル(画像:プレスイメージより)

イタリアのスーパーカーブランド「マザンティ」が2016年に発表した25台限定の新型モデル「Evantra Millecavalli(エヴァントラ・ミレカヴァッリ)」は、7.2リットルのV8ターボエンジンを搭載し、最高出力1000HP、最大トルク1200Nm、0-100km/hまでの加速は2.7秒、最高速度は402km/hと公表されており、現時点での0-100km/h加速で13位にランクインしました。


12位「Wモーターズ・FENYR SUPERSPORT」・2.7秒以下。

世界最速の車 マザンティ・エヴァントラ・ミレカヴァッリ
あの「Wモーターズ」の最新スーパーカーが8位にランクイン!(画像:プレスイメージより)

「ワイルド・スピード スカイミッション」にも超高級スーパーカー「ライカン ハイパースポーツ」が登場して有名となった中東の自動車メーカー「Wモーターズ」が2015年のドバイモーターショーで発表した新型スーパーカー「FENYR SUPERSPORT」は、ポルシェのチューナーとして知られる「RUF」の900馬力の4.0Lツインターボエンジンを搭載し、0-100km/hの加速は2.7秒未満、最高速度は400km/h以上と公表され、価格は数億円という驚異的なモデルとして12位にランクインしました。

※以前更新した際は8位でした。


11位「日産GT-R NISMO」・2.7秒以下。

世界最速の車 日産GT-R NISMO
同じく2.7秒以下で0-100km/hを駆け抜ける「日産GT-R NISMO」(画像:プレスイメージより)

日産が昨年発表した「GT-R」の高性能仕様車「日産GT-R NISMO」は、日産のモータースポーツ部門であるNISMOがチューニングした3.8リットルのV6エンジンを搭載し、モータースポーツでの技術やノウハウをフィードバックしたというハイパフォーマンスなモデルです。最高速度は320km/h。(※0-100km/hの公式記録は未公表)

ちなみに、通常の日産GT-Rの時点でも0-100km/h加速で3秒以下を記録しているらしく、NISMOではなく通常モデルの段階で0-100km/h加速が2.7秒という記録もあるようで、さらにカスタムした車両に至っては2.5秒以下というウワサもあります。

また、GT-Rで最速となるほかに、「ドイツ・ニュルブルクリンク北コース」のラップタイムで量産車として最速の記録を更新したモデルでもあります。

「日産GT-R NISMO」についての記事はこちら。

10位「ポルシェ918スパイダー」・2.6秒

世界最速の車 ポルシェ918スパイダー
10位に輝いたのは「ポルシェ・918スパイダー」の高性能グレードとなる「ヴァイザッハパッケージ」
(画像:プレスイメージより)

ポルシェのスーパーカー「918スパイダー」をベースにカーボンファイバーなどを多用することで重量を最適化するなどのチューニングを施したハイパフォーマンス仕様のモデルです。「ヴァイザッハ パッケージ」を装着したモデルの加速は0-100km/hが2.6秒、0-200km/hまでが7.2秒と公表されており、20秒以下のタイムで300km/hまで到達するとのこと。ちなみに最高速度は345km/h。

また、電気モーターを搭載するこのモデルは、モーターのみでも6.2秒で100km/hまで到達するというエコなスーパーカーです。

「ポルシェ918スパイダー・ヴァイザッハ パッケージ」についての記事はこちら。

10位「パガーニゾンダ レボリューション」・2.6秒

世界最速の車 「パガーニゾンダ レボリューション」
パガーニゾンダの高性能モデルとして登場した「ゾンダ・レボリューション」(画像:プレスイメージより)

パガーニゾンダ レボリューション」はイタリアのパガーニ・アウトモビリがジュネーブモーターショーで披露した、同社のスーパーカー「パガーニ・ゾンダ」のさらに上を行く高性能モデルです。

6リットルのV12エンジンを搭載し、最高出力800馬力、最高速度は350km/hというとんでもないスペックです。

ちなみに日本にも1台が上陸したことがニュースになりました。
「パガーニゾンダ レボリューション」についてはこちらの記事より。


10位「ランボルギーニ·アヴェンタドールJ」・2.6秒

世界最速の車 「ランボルギーニ·アヴェンタドールJ」
ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにした世界に1台の限定車(画像:プレスイメージより)

ランボルギーニ·アヴェンタドールJ」は、ランボルギーニがジュネーブモーターショーで発表した世界に1台のスーパーカーです。文字通り「アヴェンタドール」をベースにしたスペシャルモデルですが、ルーフはもちろん、フロントガラスなども取り外された独特なデザインのこのモデルは700馬力の6.5リットルV12エンジンを搭載し、わずか2.6秒で0-100km/hまで加速します。

9位「ケーニグゼグ・アゲーラOne:1」・2.5秒

世界最速の車 「ケーニグゼグ・アゲーラOne:1」
「ケーニグセグ・アゲーラ」がベースで1340馬力のモンスターマシン。(画像:プレスイメージより)

スウェーデンのスーパースポーツカーメーカー「ケーニグセグ」が「アゲーラ」をベースに生産した1340馬力のスペシャルモデルです。加速が2.5秒、最高速度は440km/h、世界でわずか6台のみ、価格は数億円とも言われる全てがスゴすぎるスーパーカーとなっています。

ちなみに「ケーニグセグOne:1」は、発表した時点で6台全てが完売とのこと。
「ケーニグセグ・アゲーラOne:1」についての記事はこちら。


8位「SSCアルティメットエアロ」・2.5秒

世界最速の車 「SSCアルティメットエアロ」
米国のSSCが製造するスーパーカー「アルティメットエアロ」(画像:プレスイメージより)

アゲーラOneと同じタイムで米国のシェルビー・スーパーカーズ(SSC)が手掛けるスーパーカー「SSC アルティメットエアロ」がランクインしています。

世界で最も速い速度で走るという「スピードの世界記録」で最高速度412.28km/hという、意味不明なレベルを記録し、ギネス記録に登録されましたが、その後、「ブガッティ・ヴェイロン」にギネス記録を塗り替えられました。

7位「ブガッティ・シロン」・2.5秒以下。

世界最速の車 ブガッティ・シロン
ブガッティの最新スーパーカー「シロン」は2.5秒以下と公表。(画像:プレスイメージより)

正式なタイムが公表されていないため、一体どれくらい速いのかは分かりませんが、ブガッティが2016年3月に正式発表した新型スーパーカー「ブガッティ・シロン」のスペックは、最高出力1500馬力、最高速度420km/hでリミッター作動、0-100km/hの加速2.5秒以下(公表されている情報)とのことで、この時点でも世界TOP10に入る加速タイムとなっています。

ただ、ベースグレードの「ブガッティ・シロン」の0-100km/hの加速2.5秒「以下」ということなので、今後、「ヴェイロン」と同様にさらなる高性能仕様などが登場すると、「ブガッティ・シロン」が世界で最も速いクルマとして君臨する可能性は十分あると考えられます。

「ブガッティ・シロン」についての詳細な記事はこちら。

6位「ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル」・2.4秒

世界最速の車 ヘネシー・ヴェノムGT 2016年モデル
「ヘネシーパフォーマンス」の「ヴェノムGTスパイダー」が6位にランクイン!(画像:プレスイメージより)

世界で最も高い車の一つとしてもランクインしていた米国のチューナー「ヘネシーパフォーマンス」が手掛けるスーパーカー「ヴェノムGTスパイダー」の2016年モデルが2.4秒でランクインしました。(以前のモデルの0-100km/hは2.45秒でした。)

0-100km/h加速だけでもスゴいですが、2016年モデルの「ヴェノムGTスパイダー」は、7.0リットルのV8ツインターボエンジンを搭載し最高出力1451HP、最高速度は450km/h以上と公表されており、現在開発が進められている後継車種「ヘネシー・ヴェノムF5」では、0-100km/h加速が2.0秒、最高速度が467km/hになるとされており、実際に登場すれば現在の世界最速を更新するかもしれません。

ヘネシー・ヴェノムF5
後継モデルとして新たに発表された「ヴェノムF5」(画像:プレスイメージより)

※ヴェノムF5が正式発表されましたが、0-100km/h加速については公表されておらず、おそらくこの中にランクインするものと思われますが、現時点では未掲載としています。

ちなみに、「ヴェノムF5」は、0-300km/hまでの加速が10秒未満、0-400km/hまで加速してから停止するまでに要する時間はわずか30秒未満ということなので、かなりの高性能モデルであるとともに、今後、最高速の部門では世界トップに君臨する可能性もありそうです。・2018年11月更新。

「ヘネシー・ヴェノムGTスパイダー」についての記事はこちら。


5位「アリエル・アトムV8」・2.3秒

世界最速の車 「アリエル·アトムV8」
わずか550kgという超軽量ボディの「アリエル・アトムV8」(画像:プレスイメージより)

英国の「アリエルモーターカンパニー」が手掛けた2人乗りのモデルがわずか2.3秒で5位にランクインしました。

ランクインした「アトムV8」は、ケーターハムのエンジンをベースにした3/0リットルV8エンジンを搭載し、他のスーパーカーに比べるとそこまでスゴくない最高出力500馬力ですが、この車は車両重量がたったの550kgしかない軽量なモデルとなり、ほぼ公道を走るレーシングカーのような状態のモデルです。

4位「ブガッティヴェイロン16.4スーパースポーツ」・2.2秒

世界最速の車 「ブガッティヴェイロン16.4スーパースポーツ」
飛び抜けた性能と尋常じゃない価格帯で有名なスーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン」
ちなみにトップスピードは世界最速です。(画像:プレスイメージより)

世界で最も高価な自動車の一つとしても有名な「ブガッティ・ヴェイロン」をベースにエンジンの最高出力のアップやエアロパーツなどの改良が行われた限定30台程度のスーパーカーが、わずか2.2秒というタイムでランクインしました。

ここまでで他の車の項目でもご紹介しているように、アルティメットエアロTTの最高速度を更新する「平均431.072km/h」というとんでもない速度を記録し、トップスピードとしては世界最速のクルマとしてギネス記録に認定されたモデルでもあります。

ちなみに、この「ブガッティヴェイロン16.4スーパースポーツ」には一応リミッターが付いているのですが、415km/hから作動するという意味不明な仕様となっており、これはあまりに速度が速過ぎるので、タイヤを保護する為に作動する仕組みになっているという、通常の車では考えられないレベルの設計になっているようです。


3位「ランボルギーニ·アヴェンタドールLP1600-4 MANSORYカーボナードGT」・2.1秒

世界最速の車 「ランボルギーニ·アヴェンタドールLP1600-4 MANSORYカーボナードGT」
今まで1位に輝いてきた「ランボルギーニ・アヴェンタドール」をベースにしたマンソリーの「カーボナードGT」が今回は3位に。(画像:プレスイメージより)

ドイツのチューナーとして有名な「マンソリー」が2014年3月に発表した「マンソリー・カーボナードGT」が3位にランクイン!ちなみに、数年前から定期的に更新しているこの加速性能ランキングで、今まで1位に君臨してきたモデルですが、今回、ついに3位となってしまいました。。。ただ、おそらくガソリンエンジンのモデルとしては今でも最速です。

マンソリー・カーボナードGT」は、「ランボルギーニ・アヴェンタドール」をベースに1600馬力にまでチューニングし、0-100km/hまでの加速が「2.1秒」、最高速度「370km/h」という、アクセルを踏んだらどこかへ飛んでいってしまうのではないかと思う程のパワーを持ったコンプリートカーとなっています。

「MANSORY カーボナードGT」についてはこちらの記事より。


2位「リマック・C_Two」1.97秒

2位にランクインしたリマックの次世代モデル「C_Two」(画像:プレスイメージより)

クロアチアの自動車メーカー「リマック・アウトモビリ」が2018年のジュネーブモーターショーにて発表した次世代EVスーパーカー「C_Two」が、公表値で0-100km/hの加速がわずか1.97秒であるとアナウンスされ、現在第2位にランクインしました!

もともとリマックがこの「C_Two」以前に発表していた「コンセプトワン」というモデルの時点でも0-100km/h加速が2.6秒というタイムでしたが、今回ランクインした「C_Two」は、150台限定で発売されるとのことで、4つの独立したモーターを搭載し、最高出力1914HP、最大トルク2300Nm、0-100km/h加速が1.97秒、最高速度は412km/hという、全ての数値が今までの市販車と比較しても桁違いな領域となっています。

「リマック・C_Two」についての記事はこちらより。

1位「テスラ・ロードスター」・1.9秒

2018年時点で世界最速の車はテスラ・ロードスター
1位にランクインしたテスラ・モーターズの新型「ロードスター」(画像:プレスイメージより)

2018年現在で、市販モデルとして0-100km/hが世界で最も速いクルマとなったのは、2017年に米国のテスラモーターズが発表し話題となった新型EVスポーツカー「テスラ・ロードスター」です!

同社が公表した情報によると、新型の「テスラ・ロードスター」は、0-100km/hの加速がわずか1.9秒、0-160km/hの加速が4.2秒で、この車の最高速度となる402km/hに停止状態から加速して到達するまでに、わずか8.9秒しか掛からないというとんでもないモデルとなっています。

また、このクルマが凄いのは、完全な電気自動車であり、航続可能距離が1回の充電で1000キロ近くまで到達するという事、さらに、ここまでにご紹介してきたスーパーカーが、世界でも一握りの大富豪しか購入することの出来ないような限定車だったり高額モデルだったりしたのに対して、新型の「テスラ・ロードスター」は車両本体価格で20万ドル、特別仕様モデルでも25万ドル(日本円にして約2300万円から2800万円)という設定の「普通に販売されるスポーツカー」となっていることでもあります。

「テスラ・ロードスター」についての記事はこちらより。

結果。0-100km/hで世界最速のクルマは「テスラ・ロードスター」、最高速で最も速いのは「ブガッティ・ヴェイロン」でした!

ついに「マンソリー・カーボナードGT」が1位から3位へ後退。1位になったのは「テスラ・ロードスター」
(画像:プレスイメージより)

2018年版となる「世界最速の車ランキング」はこのような並びとなりました!
今回でついに「カーボナードGT」が1位から3位となり、2位に「リマック・C_Two」、そして1位に「テスラ・ロードスター」がランクインするという結果となりました。

今までは高出力のエンジンを搭載したスーパーカーが上位でしたが、今回の更新では1位と2位が電気自動車となるなど、テクノロジーや自動車業界の流れが表立って反映されたランキングとなりましたが、今後、スポーツカー、スーパーカーの電気自動車やハイブリッド化は加速していくと考えられますので、もしかすると次回更新時にはランキンング上位がEVだらけになっているかもしれませんね。

最高速度では「ブガッティ・ヴェイロン」が431km/hで世界最速の車に。(画像:プレスイメージより)

今回ご紹介したランキングは現時点でのものなので、大きな変動があれば今後更新していきたいと思います!

このランキングは当ブログ「Idea Web Tools」が独自にまとめたものとなっており、現時点で発売前の車などは含まれますが、一部、公道走行が出来ない車などは除外しています。また、速度については公式記録や公表値、後に計測されたものなど諸説あるため「確実にこの速度」という確定したものではない可能性もあります。

関連記事:
世界一高い車は?2014年版「高級車ランキング」トップ10
世界一速いSUVはどんなクルマ?「世界最速のSUVランキング」TOP5
4人乗りで実用性も考えられたスーパーカー&スポーツカーをまとめてみました。
最新スーパーカーのインパネはこんなデザイン!
超豪華!高級車の後部座席はこんなデザイン!
レクサスデザインの象徴「スピンドルグリル」とは。
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告




Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。


Idea Web Toolsの5周年記念のバナー