スポンサーリンク
2013年12月16日月曜日

燃料電池車とは?次世代の究極のエコカー「FCV」

燃料電池車 FCV
トヨタ自動車が発表したコンセプト次世代燃料電池自動車「TOYOTA FCV CONCEPT」
(画像:トヨタ自動車プレスリリースより)

ベンツやトヨタ、ホンダも市販予定の燃料電池車(FCV)とは。


ついに新しい時代に突入すると感じさせられるニュースです。
トヨタ、ホンダなどの日本の自動車メーカーも数年以内の参入に向けて量産車の開発を進めている「水素燃料電池」を搭載した次世代の自動車ですが、この度、メルセデスベンツも燃料電池を搭載したモデルを量産車として2017年にも市場に投入すると海外メディアなどが報じています。

燃料電池車と聞くだけでは仕組みや意味がよく分からない方も多いと思いますし僕も知識がなかったので、今回は色々と調べつつ、水素燃料電池の自動車についてまとめて記事にしてみました。


水素と酸素の化学反応で走行する燃料電池車のメリットと仕組み。

燃料電池車 FCV
hydrogen(水素)の文字が入っている(画像:メルセデスベンツB-Class F-Cellプレスリリースより引用)

燃料電池車とは、自動車に搭載した燃料電池から水素と空気中の酸素を反応させる事で発電し、その電気で使って走行するという仕組みの車で、ガソリンのように水素を充填するだけでガソリン車や電気自動車よりも走行距離が長くなる上にエコロジーな「次世代の自動車」として注目されている技術です。

ここで燃料電池車のメリットを一通り書いてみました↓

燃料電池車 FCV
東京モーターショーで発表されたFCVモデルの構造(画像:TOYOTA Globalより引用)


水素を満タンまで充填する時間がわずか3分程度。
走行時に排出されるものは水だけ。
1回の充填で500km/h以上も走れるらしい。

という感じの経済的でエコロジーな新しい自動車技術の到来というイメージがわきますね!
燃料電池車 FCV
画像:トヨタ自動車FCV(燃料電池車)の公式サイトより引用)

現時点ではトヨタ自動車ホンダなどの日本のブランドが市販を表明しており、これは2015年を目標としているだけあって本当に近い将来という感じですが、これに欧州のメルセデスベンツの参入など海外勢も開発を進めているので実用化して街中で見かける日が来るのはそんなに遠くないと考えられます。

しかし、現在、開発段階である燃料電池車の普及までには色々と大変そうな問題もあるようです↓

燃料電池車の課題とこれから。

燃料電池車 FCV 水素ステーション
水素ステーションのイメージ。(画像:メルセデスベンツB-Class F-Cellプレスリリースより引用)

現在、燃料電池車の実用化までには様々な困難があることも指摘されていて、例えば水素ステーションと呼ばれるガソリンスタンドの「水素版」となる供給場所の設置に6億円という多額のお金が掛かってしまうため現時点では都心部を中心に20箇所程度しかなく、今後数年での大幅な増加が見込めない点と、今の時点では供給される水素の価格設定が決まっておらず市販価格がガソリンを上回ってしまう可能性が否定出来ない事などがあげられています。

上の動画だと分かり易いですね。併設型とかは便利そう!


また、同時並行的に市場が拡大する事が予想される電気自動車の市場が存在する為に、今後どのシステムが有利なのか、スタンドが増加し易いのかも不明なままだったりする為、走行距離が長くてすぐに充填が出来ても、充填出来る水素ステーションが無い!なんてことにもなるかもしれないので今後の普及までには色々な山とか谷とかがあるようにも思えます。
燃料電池車 FCV 水素ステーション
水素ステーションのイメージ(画像:HySUT水素ステーションから始まる新たなクルマ社会より引用)

そういう意味で考えるとまだまだ先の話という感じがしますが、技術は確実に進化しているので政府レベルでの援助や規制緩和などが行われて普及の後押しをしてくれれば思っている以上の速度で一般的になっていく可能性も十分あります!


燃料電池自動車の買い時は?




ここまでもここからもかなり個人的な意見ですが、実際に燃料電池車を購入出来るようになるのは2015年からと言われておりますが、その頃までに全ての課題が解決されているのか不明なので今の感じだと買い時はもっと先なのかなと思います。

ただ、電気自動車もですが、長い期間をかけて今は普通に街中でも見かけるようになったみたく、燃料電池車とEV車がこれからどんどん普及していくのは確かだと思うので予習しておいて今後、次や次の次に車を乗り換えたりする時に、自分にとって最良の選択はどんな車なのか?を考えておくとプラスになると感じています。

自動車にはパワーやデザイン、ブランドなど沢山の魅力が満載ですが、それらの土台となっている技術の進歩にも注目です!

※いろいろと書きましたが様々な資料で調べつつ書いた文章なので間違っているところがあれば後ほど訂正したいと思います。。。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。