スポンサーリンク
2014年3月7日金曜日

ジャガーXEを発表。新型のミッドサイズセダンとして登場へ

ジャガーXE
ジャガーXE(画像:公式プレスリリースより)

新型モデル「ジャガーXE」の概要を発表。


ジャガーは現行モデルに比べて小型の全く新しい新型スポーツサルーンとなる「ジャガーXE」を今年2014年後半に正式発表し、来年となる2015年に発売する予定であることをジュネーブモーターショーにて発表しました。

現時点では搭載されるエンジンとシャシー、そしてフロントからのイメージのみの公開となっている「ジャガーXE」ですが、エンジン性能や燃費、最高速度などが具体的に公表されておりましたのでご紹介します。

ジャガーXEのエンジン性能。


ジャガーXE
ジャガーXEに搭載されるエンジン(画像:公式プレスリリースより)

ジャガーXE」は軽量で低燃費な2.0リッターの4気筒エンジン「INGENIUM(インゲニウム)」を搭載するようで、このガソリンモデルとともにディーゼル車も同じくラインアップされる予定となっています。

この「INGENIUM」2.0リッター4気筒エンジンは、低燃費(具体的な数値は不明)でありながら最高速度300km/hにまで達することが可能な性能を秘めており、これまでのジャガーのモデルと同様に「ジャガーXE」もプレミアムサルーンとスポーツ性能を両立したモデルとして登場するものとみられます。

「ジャガーXE」のライバルとなるクルマは?

ジャガーXE
ジャガーXE(画像:公式プレスリリースより)

「ジャガーXE」は現行モデルのジャガーラインアップの車種よりも小型サイズのモデルとして登場し、4ドア(5ドア)サルーンタイプのモデルとともにクーペやコンバーチブルなどの派生モデルも投入されるようで、価格はポンドで30,000(日本円にして510万円)よりも安い価格帯に設定されるとのこと。

ジャガーXE
ジャガーXE(画像:公式プレスリリースより)
ジャガーXE
ジャガーXE(画像:公式プレスリリースより)

上記の価格は英国のもののため、日本での販売や販売価格などは不明ですが、「ジャガーXE」は実質的に登場すればメルセデスベンツCクラスやBMWの3シリーズ、アウディA4などのミッドサイズと競合する可能性が高く、メーカーにとっては「ライバル」として、購買層にとっては今までに無かった選択肢の一つとしてリリースされる新しいジャガーのモデルとなるものと思われます。



現時点では公開された情報は多くはないので、今後、新たなニュースがあればお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。