スポンサーリンク
2014年3月19日水曜日

ロサンゼルス市警察がランボルギーニのパトカーを導入!

ロサンゼルス市警察 ランボルギーニ パトカー
ロサンゼルス市警察へ寄贈された「ランボルギーニガヤルド」のパトカー。(画像:@lapdlamboより引用)

ドバイに負けない!あの「LAPD」もランボルギーニのパトカーを導入。


このブログでも以前からドバイの「スーパーカーパトカー」について何度か書いたことがありますが、今回はドバイじゃありません!中東でもありません!あの有名な「LAPD」ことロサンゼルス市警察です!

ロサンゼルス市警察が導入したのはランボルギーニのスポーツカー「ガヤルド」となっており、さすがに実際のパトロールには使われませんが、今後はイベントなどで使用される予定のようです。


ランボルギーニのパトカーは実業家が寄贈したもの!?

ロサンゼルス市警察 ランボルギーニ パトカー
LAPDのランボルギーニガヤルドのパトカー。パトライトも光ります。(画像:@lapdlamboより引用)

今回公開されたランボルギーニガヤルドのパトカーは、ロサンゼルス市警察が税金で購入したものではなく、ロサンゼルスに拠点を置く光ファイバー関連の通信会社を経営している方から"寄贈"されたものということらしく、白と黒のパトカーらしいペイントが施されているほか、パトライトも当然装備されています。

ロサンゼルス市警察 ランボルギーニ パトカー
LADPのランボルギーニパトカー。再度にはちゃんとPOLICEのロゴも。(画像:@lapdlamboより引用)

最初にも書きましたが、このランボルギーニのパトカーはパトロールなどの業務には使用することは無く、主にチャリティーイベントなどで警察により使用されるということで、3月21-22日に開催されるロサンゼルス郡航空ショーにて初公開される予定となっているとのことです。

豪華さという点では「ブガッティヴェイロン」のパトカーまで投入したドバイばかりに目が行ってしまいがちですが、今回のニュースは海外の多くのメディアが一斉に報じており、ゲームに出て来そうな見た目のこのランボルギーニパトカーも今後「LAPD」の名物となっていくものと思われます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。