スポンサーリンク
2014年6月18日水曜日

ベントレーコンチネンタルGT3-Rが登場。パワフルでスポーティな最速の限定モデル

ベントレーコンチネンタルGT3-R
ベントレーからハイパフォーマンス仕様の「コンチネンタルGT3-R」が登場 (画像:プレスイメージより)

「ベントレーコンチネンタルGT3-R」を発表。


ベントレーの「コンチネンタルGT V8 S」をベース車両に、レースカーの「ベントレーコンチネンタルGT3」を意識して開発されたというパワフルでスポーティなハイパフォーマンスモデル「ベントレーコンチネンタルGT3-R」が300台限定で登場します。


「ベントレーコンチネンタルGT3-R」は性能も重量も完全なスポーツ仕様に。

ベントレーコンチネンタルGT3-R
100kgもの軽量化を行った「ベントレーコンチネンタルGT3-R」(画像:プレスイメージより)

今回発表された「ベントレーコンチネンタルGT3-R」は高級スポーツクーペであるコンチネンタルGTをベースに「ベントレーコンチネンタルGT3」を意識したロードカーとなっており、デザイン面ではベース車両のエレガントなスタイルにスポーツカー的なスパイスを取り入れたイメージに仕上がっています。

ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」は軽量化のため後部座席を排除(画像:プレスイメージより)
ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」のインテリアは高級レザーを使うなど超豪華に。
(画像:プレスイメージより)
ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」正面(画像:プレスイメージより)
ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」サイド(画像:プレスイメージより)
ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」(画像:プレスイメージより)

ただ、このモデル、外観や内装が多少変更された特別仕様車というわけではなく、通常モデルのコンチネンタルGTから後部座席を取り外すなどした結果、なんと全体で100kgもの軽量化を行い、さらに搭載される4.0リットルのV型8気筒ツインターボエンジンは最高出力580PSに、最大トルクは700Nmにアップグレードされており、見た目は巨大なクーペでありながら0-100km/hまでの加速は3.8秒、最高速度は273km/hという性能を有したモデルとなっているとのこと。

「コンチネンタルGT3-R」はベントレー最速のラグジュアリーGTカー。

ベントレーコンチネンタルGT3-R
「ベントレーコンチネンタルGT3-R」は2014年後半より限定発売。(画像:プレスイメージより)

ちなみに、「ベントレーコンチネンタルGT3-R」は完全なレースカーのようなガチガチのモデルというわけではなく、エクステリアにはカーボンファイバー製のフロント・スピリリッターとリア・スポイラーなどの装備、インテリアなどにも高品質なレザーやカーボン素材を贅沢に使用するなどした「見た目も性能もレースカーをイメージした超高級GTカー」という雰囲気の車のようで、6月中にもイベントで実車が公開、300台限定で生産され2014年の後半にも発売されると発表されています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。