スポンサーリンク
2014年6月27日金曜日

ジャガーから特別モデル「Fタイプ・プロジェクト7」が登場

ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)

「ジャガーFタイプ・プロジェクト7」が限定で登場


ジャガーのスポーツモデル「Fタイプ」については以前より何度かご紹介して来ましたが、今年2014年の「グッドウッドフェスティバルオブスピード」にて特別モデルとなる「ジャガーFタイプ・プロジェクト7」を初公開するにあたり、詳細やイメージなどの情報が発表されました。


「ジャガーFタイプ・プロジェクト7」は「スペシャル・オペレーションズ」が手掛けた高性能モデル。

ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)

ジャガーFタイプ・プロジェクト7」は、ジャガーが新たに設立したオーダーメイドなどを担当する「スペシャル・オペレーションズ」と呼ばれる部門が開発を担当したモデルとなっており、同部門が初めて手掛けた限定生産の市販モデルとして登場することになります。

ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)

ジャガーFタイプ・プロジェクト7」のベース車両はもちろん「ジャガーFタイプ」となっており、最大出力575psの5.0リッターV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、ジャガー史上最速となる0-100km/hの加速が3.9秒、最高速度は300km/h(リミッター作動)という圧倒的なパフォーマンスを持つ高性能スポーツカーです。

「ジャガーDタイプ」をモチーフにした「ジャガーFタイプ・プロジェクト7」

ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)

ジャガーFタイプ・プロジェクト7」のデザインは、1950年代にリリースされていたレーシングカー「ジャガーDタイプ」をモチーフにしたものとなっており、市販モデルとなっているFタイプがベースながら、「スペシャル・オペレーションズ」の手によって高いパフォーマンスを発揮出来るよう、デザイン面も含め様々な箇所に改良が施された特別なモデルとなっているようです。

ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)
ジャガーFタイプ・プロジェクト7
ジャガーFタイプ・プロジェクト7(画像:プレスイメージより)



ちなみに「ジャガーFタイプ・プロジェクト7」は今後、「スペシャル・オペレーションズ」部門が直接組み立てるカタチでトータル250台の限定生産が行われ、価格はベースグレードのFタイプが2台くらい買えてしまいそうな135000ポンド、日本円にして2230万円以上になるのではないかとみられています。

「ジャガーFタイプクーペ」の関連ニュース

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。