スポンサーリンク
2014年6月18日水曜日

メルセデスベンツが新型のLEDヘッドライトを公開。次期CLSに搭載へ

メルセデスベンツがマルチビームLEDヘッドライトを公開
メルセデスベンツが次期CLSに搭載するマルチビームLEDヘッドライトを公開。
(画像:プレスイメージより)

メルセデスベンツがマルチビームLEDヘッドライトを公開。


メルセデスベンツのヘッドライトがまた進化するみたいです。
近々マイナーモデルチェンジを予定しているとウワサされているメルセデスベンツCLSクラスに搭載予定の新デザインのヘッドライトシステムの画像と映像が公開されました。

今回公開された「マルチビームLEDヘッドライト」は単なるデザイン変更だけでなく、複雑な制御により機能するというハイテクシステムとなっているようです。


「マルチビームLEDヘッドライト」はハイテク制御な考えるライト。

メルセデスベンツがマルチビームLEDヘッドライトを公開
複雑なシステムを制御することにより状況に応じてヘッドライトが調整されるシステム。
(画像:プレスイメージより)

新型のヘッドライトシステムでは、前方から来る対向車両を搭載されたカメラと制御ユニットにより検知して配置された24個のLEDが毎秒100回調整されることで、自動的に対向車のドライバーが光で目がくらまないように調節してくれるという優れもの。

メルセデスベンツがマルチビームLEDヘッドライトを公開
マルチビームLEDヘッドライト(画像:プレスイメージより)
メルセデスベンツがマルチビームLEDヘッドライトを公開
マルチビームLEDヘッドライトでは対向車などを検知してヘッドライトの光を調節。
(画像:プレスイメージより)

これによりヘッドライトの光で対向車両の死角に入りやすくなっていた付近の道路歩行者を危険に晒すことを少なくすることが可能になってくるようです。



このマルチビームLEDヘッドライトを搭載したマイナーモデルチェンジしたメルセデスベンツCLSクラスは今年後半にも登場予定となっており、今後搭載される新技術やデザインなどについても新たなニュースが徐々に公開されていくものと思われます。

メルセデスベンツCLSクラスがマイナーモデルチェンジして登場

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。