スポンサーリンク
2014年9月6日土曜日

ロシアのチューナーが手掛けた「レクサスLX570」のカスタム仕様が攻撃的すぎる!

レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキットが厳つ過ぎる。(画像:プレスイメージより)

「レクサスLX570」を超攻撃的なデザインにカスタム!


「トヨタ・ランドクルーザー(200系)」の姉妹モデルとして海外で販売されている「レクサスLX570」専用のスタイリングプログラムを「Larteデザイン」というロシアのチューナーが発表しました。

日本では未発売の高級SUV「レクサスLX570」の現行モデルは2012年のマイナーチェンジでスピンドルグリルを採用し、近年のレクサスブランドが持つフロントマスクで若干威圧感のあるイメージとなっていますが、「INFINITI」や「ランドローバー」などのSUVのチューニングを手掛けていた同社の「レクサスLX570」用ボディキットは、さらに上を行く攻撃的過ぎるデザインに仕上がっています。

全く違うクルマに見える「Larteデザイン」の「レクサスLX570」

レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキット。(画像:プレスイメージより)

今回、「Larteデザイン」が新たに導入する「レクサスLX570」のスタイリングプログラムでは、正直、スピンドルグリルを採用しながらも一定の落ち着きも備えられたレクサスのベース車両のデザインとは全く違う方向性となっており、大胆なグリルとエアインテークの変更など、パッと見、ランドクルーザーの姉妹モデルというよりは高級なアメ車のSUVのように感じてしまうレベルとなっています。

レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキット。(画像:プレスイメージより)
レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキット。(画像:プレスイメージより)
レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキット。(画像:プレスイメージより)
レクサスLX570
Larteデザインの「レクサスLX570」専用ボディキット。(画像:プレスイメージより)
レクサスLX570
ちなみにこちらが通常の「レクサスLX570」のデザインです。

こんないかにも悪そうな顔のクルマ(ブラックなら尚更)が後ろから迫って来たらものすごく怖いと思いますが、正直、標準の「レクサスLX570」よりもこっちの方がカッコいいような気もしてしまうような。。。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。