スポンサーリンク
2015年6月16日火曜日

フィアットのクロスオーバーSUV「500X」が日本上陸へ!

フィアット500X 日本導入
フィアットの新型クロスオーバーSUV「500X」が日本導入へ!(画像:プレスイメージより)

フィアット500Xが今秋に日本で販売開始へ。


フィアットが2014年に発表し、欧米向けに販売している新型の5ドアクロスオーバーSUV「フィアット500X」(チンクエチェント X)が、2015年の秋にも日本市場に導入され、フィアットの正規ディーラーにて販売されることが発表されました。


フィアット500Xは初のクロスオーバーSUVモデルとして登場したモデル。

フィアット500X クロスオーバーSUV
現行フィアット500ファミリーの導入以来初めての新型車に。(画像:プレスイメージより)

フィアットのブランドとしては初となるコンパクトクロスオーバーSUVとして登場した「フィアット500X」は、現行のフィアット500ファミリーの国内導入以来初めての新型車となっており、フィアットらしい印象のデザインでありながら500とは異なる悪路走破性や4WDなどを備え実用的なスタイルに仕上げられたモデルとなっています。

フィアット500Xのサイズ
フィアット500のイメージとは異なるSUVらしいスタイルに。(画像:プレスイメージより)

フィアット500Xのサイズは全長4,250mm、全幅1,800mm、全高1,600-1,620mmと、通常の「500」や海外向けにラインアップされている「500L」よりも若干大きめなサイズとなっているようで、技術的な部分はジープ・レネゲードとメカニズムを共用するなどした、クロスオーバーSUVらしい本格的なものとなっているようです。

フィアット500Xのデザイン(インテリア・エクステリア)はこんな感じ。

フィアット500X デザイン
日本向けに投入されるグレードやラインは不明ですが、海外での選択肢は複数あるようです。
(画像:プレスイメージより)

実際に日本向けに導入されるタイプとは異なる部分がありますが、海外向けにラインアップされているフィアット500Xのインテリア・エクステリアのデザインなどが確認可能なオフィシャル画像を少し紹介していきたいと思います。

フィアット500X エクステリアデザイン
(画像:プレスイメージより)
フィアット500X エクステリアデザイン 後ろ
(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン 内装 ホワイト
ホワイト系のインテリアカラー。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン 内装 ホワイト ブラウン
こちらはシートがブラウン系のもの。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン 内装 ブラック
こちらはインテリアカラーがブラックで統一されたタイプです。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン 内装 質感
インテリアの質感も高そうですね。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン  4WD
4WDモデルが日本向けにも用意されるとのこと。(画像:プレスイメージより)
フィアット500X インテリアデザイン 日本 大きさ
日本でのフィアットのイメージからすると、結構大きな車の印象になりそうです。
(画像:プレスイメージより)

恐らく日本では放映されないと思われるフィアット500Xのオフィシャルプロモーション映像もご紹介。


日本導入についての詳細は現時点ではグレード、価格を含め未公表ですが、4WD/9AT(四輪駆動/9速AT)の選択肢が提供されることが公表されており、販売が開始される今年の秋に向けてフィアットのオフィシャルサイトに解説された500Xのティザーサイトなどでも情報が明かされていくものと思われます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。