スポンサーリンク
2015年9月1日火曜日

アトランタに建設中の「メルセデスベンツスタジアム」が近未来的でカッコいい!

メルセデスベンツスタジアム
アトランタに建設中の新スタジアムの命名権をメルセデスベンツが取得!
(画像:Mercedes-Benz USAより)

近未来的な外観!アトランタに建設中のメルセデスベンツスタジアム。


ネーミングライツ契約とのことですが、完全にメルセデスベンツ仕様なデザインですね。

アトランタに本拠を置くNFLチーム「アトランタ・ファルコンズ」やサッカーのアトランタ・ユナイテッドなどの本拠地となるジョージア州アトランタに建設中の新しいスタジアムが、命名権でメルセデスベンツと契約を締結し、「メルセデスベンツ・スタジアム」になることが発表されました。


アトランタ・スタジアムの命名権をメルセデスベンツが取得!

メルセデスベンツスタジアム
最大で8万人以上が収容可能な全天候型のスタジアムに。(画像:Mercedes-Benz USAより)

2017年に完成が予定されている「メルセデスベンツ・スタジアム」は、もともと「アトランタ・スタジアム」という名前のようで、命名権での契約により2042年までの間「メルセデスベンツ・スタジアム」として呼ばれていくとのことで、メルセデスベンツUSAが公開した完成イメージの映像では、幾何学的なデザインが印象的なスタジアムの壁面や開閉式のルーフ部分に「Mercedes-Benz Stadium」のロゴが配置され、ネーミングライツでありながら、メルセデスベンツの建物のような雰囲気となっています。

メルセデスベンツスタジアム
ネーミングライツですが全体がメルセデスベンツ仕様になっています。(画像:Mercedes-Benz USAより)
メルセデスベンツスタジアム
スポーツだけでなく、大規模なコンサートの会場として使用することも出来るようです。
(画像:Mercedes-Benz USAより)

「メルセデスベンツ・スタジアム」の完成予想のイメージビデオは以下より。


ちなみに、このスタジアムはメルセデスベンツのエンブレム「スリーポインテッドスター」が描かれたルーフが回転しながら開くという全天候型、最大8万3000人が収容可能で建設費は12億ドル〜14億ドル、日本円にして約1455億円から1698億円ともいわれています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。