スポンサーリンク
2016年4月14日木曜日

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
エリザベス女王が乗っていたベントレーが販売され話題に。(画像:Bramley Motor Carsより引用)

前のオーナーはエリザベス女王のプレミアム過ぎるベントレー。


こんな車を中古で売って大丈夫なの!?と思ってしまいますが、本当に前のオーナーがエリザベス女王だったようです。

エリザベス女王が2年間、式典や送迎で実際に乗っていたという「ベントレー・ミュルザンヌ」の王室向け公用車が英国の高級車ディーラーにて中古車として販売され話題となっています。


イギリス王室向け公用車としての特別な装備は取り除いて中古車に。

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
エリザベス二世の専用車として王室サービスが所有していたベントレー・ミュルザンヌ
(画像:Bramley Motor Carsより引用)

ベントレーやアストンマーチン、フェラーリなどの超高級車やスーパーカーを販売しているBramley Motor Carsのショールームで販売されていたのは、2012年に登録されたグリーンの「ベントレー・ミュルザンヌ」で、なんとこのクルマ、エリザベス女王が使用するために王室サービスが所有していた車両のようで、2年間に渡り、エリザベス女王の式典での移動や送迎など様々な機会に使用されていたという珍しいモデルとなっています。

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
実際に送迎や式典での移動にも使用されていた本物のクルマ。(画像:Bramley Motor Carsより引用)
エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
王室専用車としての専用装備を取り外して販売してしまうというのもスゴいですね。
(画像:Bramley Motor Carsより引用)

こちらのミュルザンヌは、同じくベントレーの高級車「アルナージ」がベースのイギリス王室向け公用車として有名な「ベントレー・ステートリムジン」に比べるとデザイン的な「特別感」は少ないですが、実際にエリザベス女王が乗っている映像なども見ることが出来ることからかなり貴重な車であることは間違い無いと思われます。

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
カーナビの自宅の登録箇所の一つは女王陛下が週末を過ごすウィンザー城だったとの報道もあります。
(画像:Bramley Motor Carsより引用)
エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
ベニヤ製のドアパネルやピクニックテーブルも装備。(画像:Bramley Motor Carsより引用)
エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
前のオーナーがエリザベス女王と考えるだけでもスゴいですね。(画像:Bramley Motor Carsより引用)

ちなみに、この車両について、そんなクルマを中古で売り出しても大丈夫なのかという疑問も浮かびますが、そのあたりは売却前にベントレーが特別な装備を取り除いているようで、イギリス王室仕様から普通のクルマに戻されてから販売されたようです。

エリザベス女王が乗っていたベントレー・ミュルザンヌが中古車として販売され話題に。
実際のところ、このようなクルマが中古車として販売されること自体、世界的にも珍しいのでは?
(画像:Bramley Motor Carsより引用)

前の持ち主がプレミアム過ぎる「ベントレー・ミュルザンヌ」、現時点では既に買い手が付いてしまっているようですが、公開された時点での販売価格の200,000英ポンド、日本円にして約3073万円は、その価値を考えるとかなりお買い得な感じもしますね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。