スポンサーリンク
2013年10月19日土曜日

アルファロメオ4C・コンパクトなスーパーカー4Cの魅力


アルファロメオ4C
アルファロメオ4C(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

アルファロメオが発売する小さなスーパーカー「Alfa Romeo 4C」

アルファロメオが3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアを行った話題のコンパクトスーパーカー「Alfa Romeo 4C」。

コンパクトなサイズに詰め込まれた最新技術と魅力的なエクステリアデザインなど
今回はそんなアルファロメオ4Cの魅力や詳細な情報などをまとめて掲載していきたいと思います。


アルファロメオ4Cとは。

アルファロメオ4C
アルファロメオ4Cのイメージ(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

この記事を読んでいる方は既にニュースなどで知っているかもしれませんが一応、、、。

アルファロメオ4Cは2011年のジュネーブモーターショーでコンセプトカーとして発表されていた「アルファロメオ4Cコンセプト」をベースに開発され、2013年のジュネーブモーターショーで正式に市販モデルとしてのリリースが発表されたアルファロメオのスーパーカーです。

4Cはアルファロメオの市販車では初めてとなるミッドシップ(フェラーリやランボルギーニなども採用しているエンジンが中央部分あたりに配置された構造)タイプのモデルとなっておりデザイン面でも"スーパーカー"らしいものとなっている部分も魅力的です。


アルファロメオ8Cとの関連性と4Cの名前の由来。

アルファロメオ4C
アルファロメオ8C Some rights reserved by Cha già José

アルファロメオ4Cという名前を聞いて頭に浮かぶのは2007年に限定モデルとして生産され日本国内でも高い人気を誇った8Cコンペティツィオーネというモデルだと思いますが、今回のアルファロメオ4Cも8Cと同じくスーパーカーという括りのモデルとして発表されております。

ちなみに8Cは過去に存在したアルファロメオのレーシングカーのコードネームが名称の由来でしたが、アルファロメオ4Cの名前の由来は4気筒直噴エンジンの(4 cylinders)から来ているものです。




アルファロメオ4Cのスペックとサイズ。


スーパーカーと名のつく限り車両のスペックが気になるところだと思いますので、公式に発表されているスペック情報をまとめてみました。

アルファロメオ4C
アルファロメオ4Cのミッドシップデザイン。(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

アルファロメオ4Cの主なスペック。

搭載エンジンは1,742ccの直列4気筒DOHC16バルブTURBO
240ps(馬力)/6000rpm(回転数)
車両重量は895kg
全長は3,989mm、幅は1,864mm、高さが1,183mm、ホイールベースは2380mm。
カーボン製のシャシーを採用。

アルファロメオ4C
アルファロメオ4Cのボディーサイズ(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)
4Cは車両の重量が895kgと軽量で、サイズがとてもコンパクトな車となっています。
上記のアルファロメオ8Cの市販モデルと比較してみると

8Cの車両重量は1,400kg、全長は4,280mmで搭載エンジンは4.7リッターV8エンジン、最高出力は450馬力という高性能だったので、スーパーカーというカテゴリではあっても同等のモデルというわけでは全くないといった感じだと思います。

しかし、ボディーにカーボン素材を多用し驚く程の軽量化を行っている事もあり、最高速度は250km/h、0-100km/hを4.5秒で加速してしまうというパフォーマンスを誇るハイスペックなモデルとなっています。

アルファロメオ4Cのカラー設定。

アルファロメオ4C
「ROSSO COMPETIZIONE」カラーの4C(画像:Alfa Romeo4Cの海外公式サイトより)

アルファロメオ4Cについては限定車の8Cと異なり結構な数を生産される量産型のコンパクトスーパーカーとなるため、カラーバリエーションも豊富です。
アルファロメオ4C
パールホワイトのアルファロメオ4C(画像:Alfa Romeo4Cの海外公式サイトより)
アルファロメオ4C
オプションのホイールなどを設置した4Cのイメージ(画像:Alfa Romeo4Cの海外公式サイトより)

アルファロメオらしいカラーだと「ROSSO ALFA」「ROSSO COMPETIZIONE」というレッド系のカラー、の他にもパールホワイトなどのエレガントなカラーなど全6色がベースで設定されています。

アルファロメオ4Cのインテリアはこんな感じ。

アルファロメオ4C
アルファロメオ4Cのインテリア、コックピット(画像:Alfa Romeo4Cの海外公式サイトより)
アルファロメオ4C
アルファロメオ4Cのシートとロゴ(画像:Alfa Romeo4Cの海外公式サイトより)

2ドア2シーターとなる完全に遊び車的なアルファロメオ4Cのインテリアはドライバーからの操作がし易いように全体が寄せられた雰囲気となっている他、レザーとアルミとカーボンを使用したシンプルだけど贅沢な空間となっており、レッドのステッチが入ったレザーシートの間には大きく4Cのロゴが取り付けられています。

アルファロメオ4Cの気になる価格は?

アルファロメオ4C
限定のアルファロメオ4C Launch Edition(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

スーパーカーと聞くと、高いイメージしかないですよね。。。
以前のアルファロメオ8Cの市販価格も2000万円を超えていたので庶民には手の届かない世界の自動車なんだろうと前々から思っていましたが、、、

なんと日本での販売価格が700万円〜800万円程度からとのこと!

ちなみにこれは正規輸入価格という分けではなく、並行輸入などで日本の業者より販売されるアルファロメオ4Cの日本国内での販売価格となっており、代理店価格は不明ですが輸入ではベースモデルでは700万円前後の価格で購入する事が出来るようです。

アルファロメオ4Cは以外と手が届く存在?

この価格帯はイタリアのスポーツカーなどでは高くはない設定で、
外車ならポルシェカイエンやベンツEクラス、BMWの5シリーズなど、日本車なら日産GT-R、トヨタクラウンマジェスタあたりと同じ程度となりますので、

「少し余裕があって、」

「イタリア車とスポーツカーが好きで、」

「だけど巨大なスーパーカーはちょっと、」

という方にはベストなモデルだと思われます。

アルファロメオ4Cスパイダーのコンセプトモデルが公開されました。

アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

ジュネーブモーターショー14にてアルファロメオは、4Cクーペのオープンモデルとなる「アルファロメオ4Cスパイダー」のコンセプトカーを公開しました。

アルファロメオ4Cスパイダーは、2015年の市販化に向けて開発中のモデルのようで、ルーフはハードトップではなくソフトトップを採用しているほか、アルファロメオ4Cクーペでは内部を見ることが出来たミッドエンジン部分は4Cスパイダーでは隠された設定となっているようです。
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)
アルファロメオ4Cスパイダー
アルファロメオ4Cスパイダー(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

また、アルファロメオ4Cのクーペモデルでは、左右両サイドに分けて設置されていたエキゾーストがセンターにまとめられたスタイルとなっているなど、同じアルファロメオ4Cベースでありながら、様々な点で違いを見つけることが出来ます。



このアルファロメオ4Cスパイダーはコンセプトカーというカタチで発表されたものとなっているので、今後実際に市販車として登場するモデルが同一のスタイルでリリースされるのかは不明です。

限定生産となるアルファロメオ4Cは日本でも発売されるのか?

アルファロメオ4C
アルファロメオ4C(画像:Alfa Romeo海外向けプレスリリースより)

さて、色々とお伝えしたアルファロメオの2シーターライトウェイトのスポーツカー「4C」ですが、気になるのは日本で発売されるのかという点です。
一つ上に日本での販売価格という風に書いているので、ここで日本で発売されるのか?と書くと変な感じもしますが、今のところ日本国内向けにアルファロメオから正式な発表が行われていないため、正規販売価格を含め日本向けの詳細な情報が出ていないという状況です。

ちなみにアルファロメオ4Cはマセラティの工場で生産される事になっており10月から欧州向けにデリバリーを開始しているとの情報もあるので、今後日本のでもフィアットクライスラージャパンからの正式に発表がされると考えられます。

アルファロメオ4Cが日本上陸!

2014年5月27日更新。
アルファロメオ4Cの日本国内向けの発売情報(発売日、価格など)が発表されましたので以下の記事よりご紹介しております。

アルファロメオ4Cが日本国内で発売へ!価格も発表

関連する記事
アルファロメオが数年以内に8車種の新型車を追加へ!

米国向けの「アルファロメオ4C」を発表。安全基準に合わせて重量増へ




ただ、ひとつだけ気になる事が、、、。
ナンバープレートってどこに付けたらいいんでしょう?

レクサスやアウディのグリル形状のようにナンバーが付く事を前提としたようなデザインではなく、4Cはこの時点で完成形になっているように見えるので。


また新しい情報が入り次第追記したいと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。