スポンサーリンク
2013年12月18日水曜日

ランボルギーニでスキーに行ける謎すぎるカスタムモデルが登場

ランボルギーニ 冬
冬季向けのカスタムモデル「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」
(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)

ランボルギーニアヴェンタドールでウインタースポーツを楽しみに行ける専用カスタムモデル。

SRオートというカナダのチューンメーカーが発表したのはランボルギーニアヴェンタドールの"ウインター仕様"ともいえる冬季向けのカスタムモデルで、なんとアヴェンタドールのボディーにスキーボックスを搭載しスタッドレスタイヤを履かせた「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」というモデルです。


どういう人のためのモデルなのか分からない"ウインターモード"ランボルギーニはこんな感じ↓

ランボルギーニ 冬
冬季向けのカスタムモデル「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」
(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)

この「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」では、ピレリ製のソットゼロというスタッドレスタイヤが装着されており、エクステリアにはカーボンファイバー製のスポイラーなどのパーツがフロントサイド、リアに装着された豪華仕様。

ランボルギーニ 冬
冬季向けのカスタムモデル「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」を後ろから。
(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)

しかし、公開されたイメージを見る限り、まずスキー場などに行くまでに雪道などを無事に走行出来るのかが微妙なようにも感じますし、それ以前にこのクラスのスーパーカーが所有出来る人がアヴェンタドールしか持っていないなんてことがあるのかという点も気になります。
ランボルギーニ 冬
冬季向けのカスタムモデル「Lamborghini Aventador Project700 Wintermode」
(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)


ゲレンデにランボルギーニを持ち込んで見せびらかすには、今だったらこのカスタムモデルか、あるいは今後発売の噂がされているランボルギーニ製のSUVモデル「ウルス」の登場以降かという選択肢になりそうです。

以下はSRオートのブログに上記のカスタムモデルの発表前に掲載されていたカスタム前にスキーボックスを取り付けた状態の画像のようですが、雪道だとこんな感じになるみたいです↓
ランボルギーニ 冬
雪道とランボルギーニ。(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)
ランボルギーニ 冬
(画像:SR Auto Groupの公式サイトより引用。)

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。