スポンサーリンク
2014年1月14日火曜日

インフィニティQ50オールージュの最新オフィシャル画像を公開

インフィニティQ50オールージュ
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。

F1をモチーフにしたインフィニティQ50オールージュのオフィシャル画像。


先日ご紹介した日産自動車の海外向け高級車ブランド「インフィニティ」がデトロイトモーターショーにて公開する新型のハイスペックコンセプトカー「インフィニティQ50オールージュ」ですが、ワールドプレミアに先駆けてオフィシャルのイメージフォトを多数公開しております。

そこで今回は前回ご紹介した際にあまり詳しく明かされていなかった「インフィニティQ50オールージュ」について詳細なイメージ画像を含めてご紹介して行きたいと思います!


「インフィニティQ50オールージュ」が取り入れたレッドブルF1の遺伝子。

インフィニティQ50オールージュ
「インフィニティQ50オールージュ」のフロントマスク。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。

前回ご紹介した通り、インフィニティQ50オールージュはインフィニティの高級車「Q50」(日本名:スカイライン)をベースモデルとして開発されたコンセプトカーとなっており、現在インフィニティブランドが技術提携しているF1チームの「レッドブルレーシング」と協力して開発されたモデルとなっており、ベースモデルのQ50からスポーティに進化した外観イメージを見ることが出来ます。

この車両はF1のレッドブルレーシングとの強力で生まれたエアロダイナミクスの性能を追求したデザインとなっており、ベースモデルから一部ルーフ部分やドアなど以外の全体のイメージを大きく変更。
さらに軽量化の為にエアロパーツやルーフ、そしてドアミラーのカバーまでカーボンファイバー素材を使用したデザインとなっているようです。

新たに公開された「インフィニティQ50オールージュ」の公式画像。


以下より新たに公開された公式の「インフィニティQ50オールージュ」のその他の写真をご覧いただけます↓
インフィニティQ50オールージュ
フロントにはカーボンファイバーを多用している。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
サイドスカートにもカーボンファイバーが。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
サイドから見た「インフィニティQ50オールージュ」
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
斜め後ろから見た図。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
リアもベースモデルと明らかに違い迫力が増している。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
インテリアはレッドとブラックを基調としたスポーティで情熱的なイメージに。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
何気にこのカットは個人的にお気に入りです。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。
インフィニティQ50オールージュ
BMWのM6のようにルーフもカーボンファイバーを使用しています。
画像:「インフィニティQ50オールージュ」オフィシャルプレスイメージより。


このモデルはあくまでコンセプトカーとしての公開となりますが、デザイン面ではかなり実用的な形状で市販モデルとしても完成形に近いものに見えるため、もしかすると近いうちにインフィニティブランドからこのモデルをベースとしたMやAMGのような本格的スポーツグレードが誕生するのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。