スポンサーリンク
2014年1月13日月曜日

マツダ「RX7」が復活!?新型RX7の登場を海外メディアが報道

マツダ新型の「RX7」が復活
マツダのスポーツカー「RX7」がついに復活?
(写真はマツダのコンセプトカーShinariのプレスイメージより。)

マツダRX7が2016年に復活?


マツダ「RX7」と言えばロータリーエンジンを搭載した同社のスポーツカーとして販売されながら2002年に生産が終了したモデルで、今でも多くの愛好家を有する国産スポーツカーですが、ここにきてそんなマツダRX7の新型モデルとなるスポーツカーを2015年から2016年に発表する計画があることが多くの国内外メデイアや自動車ファンサイトなどで報じられました。


新型のRX7も「ロータリーエンジン」を搭載へ。

マツダ新型の「RX7」が復活
1999年モデルのマツダRX7(画像:当時のプレスイメージより)

以前の報道によればマツダのスポーツカー部門の担当主査である山本修弘氏がインタビューで、コスモスポーツの誕生50周年にあたる2017年を記念して登場するという趣旨の発言をされニュースとなっており、それが今回新たに話題となった次期型のRX7ではないかとみられています。

新型のRX7は2シーターのクーペスタイルでマツダのスポーツカーらしく次世代ロータリーエンジンを搭載し、現在マツダの市販車に取り入れられているスカイアクティブなどの最新の技術を投入した新しいスポーツカーとして登場、軽量化を進めるためにアルミ素材もふんだんに取り入れたモデルで、最大出力は300psレベルとなるとのこと。

これらの情報は国内外の一部メディアなどが報じている内容で、マツダ自体からの発表があった訳ではないため確実な情報とは言えませんが、これが事実だとするとマツダファンにとってはかなり嬉しい報道となります。

2016年説も?新型RX7についてのウワサが続々と。

マツダ新型の「RX7」が復活
マツダMX5(ロードスター)プレスリリースより。

ちなみに、他の海外メディア(欧米、中国、ロシアなど)では来年となる2015年か2016年に発表(発売)されるのでは?といった記事や、250馬力(250から300馬力の間くらい?)のロータリーエンジン搭載車では?新たに導入が予定されている次期型のMX5(ロードスター)のデザインと同様に軽量化されたシンプルなデザインモデルとなるのでは?2015年の東京モーターショーでデビュー予定?などの情報も出ているので何が正しいのか間違っているのかも分かりません。

しかし、新型のRX7についてのニュースは確実に既に国内外で注目の的となっているようです。

ちなみにこの新型のRX7については価格的にはトヨタ86、スバルBRZ、日産フェアレディZと同等か少し高い価格帯のモデルとなるのではないかという不確定な情報も出ているので実際そうなればマツダの現行モデルとしてはアテンザの上に君臨する象徴的なプレミアムスポーツカーとなる可能性もありそうです。

ここまで書いてあれですが、「完全にゴーサインが出された企画ではない」ようなので、これからの国内外でのスポーツカー人気の再燃にRX7の再登場もかかっているかもしれません。

おまけ。マツダコネクトのコンセプトビデオ。この車もカッコいい。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。