スポンサーリンク
2014年3月3日月曜日

パガーニが日本からオーダーされた「ゾンダ・レボリューション」をジュネーブショーに出品

パガーニ ゾンダ・レボリューション
「パガーニ ゾンダ・レボリューション」Pagani-Zonda-Revolucion(画像:公式プレスイメージより)

日本からオーダーされたパガーニ「ゾンダ・レボリューション」をジュネーブで公開。


イタリアに本拠地を置くスーパーカーメーカー「パガーニ(Pagani Automobili)」の高性能車として有名な「パガーニ・ゾンダ(Zonda)」のさらに上を行く進化型モデル「ゾンダ・レボリューション」がジュネーブモーターショーにて公開されることが発表されました。


パガーニゾンダの最終形態。「ゾンダ・レボリューション」

パガーニ ゾンダ・レボリューション
「パガーニ ゾンダ・レボリューション」(画像:公式プレスイメージより)

「ゾンダ・レボリューション」は2009年から発売が開始されたサーキット走行専用モデル「ゾンダR」をさらに進化させたスポーツモデルで、たった5台のみの限定生産車となっているという希少価値の高いモデルですが、なんと、今回出品される「ゾンダ・レボリューション」の車両は日本からオーダーを受けたもので、価格は220万ユーロ(日本円にしておよそ3億円)以上という超弩級のスーパーカーです。

正式にはこのモデルは「パガーニ・ゾンダ」の特別モデルとなっている上記の「ゾンダR」の進化モデルとして2012年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで公開された最高出力770馬力の「パガーニ・ゾンダR EVO」をさらに進化させたというパガーニゾンダシリーズの最終形態となるモデルで、最高出力は800馬力の6リッターV型12気筒エンジンを搭載し、0-100km/hまでの加速は2.6秒、最高速度は350km/h以上というモンスターマシンです。

以下はパガーニの公式FBにて公開されていたカーボンブルーのカラーの「ゾンダ・レボリューション」の写真です。

パガーニ ゾンダ・レボリューション
「パガーニ ゾンダ・レボリューション」(画像:Pagani Automobili公式FBより引用)
パガーニ ゾンダ・レボリューション
「パガーニ ゾンダ・レボリューション」(画像:Pagani Automobili公式FBより引用)
パガーニ ゾンダ・レボリューション
「パガーニ ゾンダ・レボリューション」(画像:Pagani Automobili公式FBより引用)

The #zonda #revolucion, see it at Geneva Autosalon」と掲載されているので、このモデルが実際にジュネーブショーに出展されるものではないかと思われます。


ちなみにですが、この「ゾンダ・レボリューション」はサーキット専用のモデルのため公道を走ることは出来ない車なので、走行の際にはガレージから出してトラックでサーキットまで運搬して、、、という感じになるのではないかと思われます。

最初にもちょこっと書きましたが、「ゾンダ・レボリューション」のジュネーブモーターショーで展示する車体は、日本からオーダーされたものなのだそうで、これが個人のオーダーなのか、企業や車屋さんなどのオーダーなのかは不明ですが、もしかすると価格が3億円で世界で限定5台という珍しい車なので何かしらのカタチでメディアなどで公開されることがあるかもしれませんね。

追記:ゾンダ・レボリューションがついに日本へ到着したようです。
2014/4/11「パガーニ・ゾンダ・レボリューション」が日本上陸!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。