スポンサーリンク
2014年4月29日火曜日

マクラーレン650Sのカスタムコンセプト「MSO 650Sクーペ」を公開

マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)

マクラーレン650SのMSOコンセプトを公開。


マクラーレンのビスポーク部門が手掛けるカスタマイズモデルとして以前にも「マクラーレンMP4-12C」をベースにしたカスタムコンセプト「MSO 12C」についてご紹介しましたが、今回新たにマクラーレンの新型スポーツカー「マクラーレン650S」のクーペモデルをベースにした「MSO 650Sクーペ」の画像が公開されました。

MSO(McLaren Special Operations)の名前がついたこのモデルは、マクラーレンオートモーティブの特注部門が手掛けるアップグレードのコンセプトイメージとなっており、ベースモデルの650Sに更なるデザイン面の強化などが行われているようです。


「MSO 650Sクーペ」カーボンファイバーを多用したカスタムも。

マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)

今回公開された「MSO 650Sクーペ」のコンセプトイメージは、特別なルビーレッドメタリックフレークというカラーが施された外装と「Agriganブラック」と呼ばれるメタリックブラックペイントの内装が設定されたものとなっており、日光の当たり具合などによりルビーレッドメタリックフレークの外装カラーが変化して見えるとのこと。

マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)

また、全体的にカーボンファイバーパーツが多く採用されており、もともと近未来的な良い意味で自動車らしからぬ外観の650Sの通常モデルよりもスポーティな印象に仕上がっているようにみえます。

個人的に、正面は通常のモデルの状態でインパクトのある車なので大きな変化は感じられませんが、リアからのデザインは、カーボンファイバーを使いまくった事により、かなり厳つい感じになっているように思いました。

マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept
マクラーレン 650Sクーペ MSO Concept(画像:プレスイメージより)

MSO 650Sはあくまでもアップグレードした場合のコンセプトイメージではありますが、それにしても、内外装含め、カーボンファイバーの使用率がものすごく高いように見えますので、フル装備すると一体どれくらいの価格になってしまうのか気になります。

「マクラーレン650S」の最新関連ニュース

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。