スポンサーリンク
2014年7月16日水曜日

新型「アストンマーチン V12ヴァンテージSロードスター」が登場

アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)

新型「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」を発表。


アストンマーチンはV12エンジンを搭載したオープンタイプの最新モデルとなる「アストンマーチン V12ヴァンテージSロードスター」を発表しました。

「アストンマーチン V12ヴァンテージS」シリーズは、アストンマーチンがリリースしているラインアップの中では、ハイパーカーのカテゴリになる「One-77」を除いて最速のロードゴーイングモデルとして投入されると発表されています。


高性能なオープンスポーツ「アストンマーチン V12ヴァンテージSロードスター」

アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)

クーペモデルに続いて登場する「アストンマーチン V12ヴァンテージSロードスター」は、その名の通り6.0リットルのV12自然吸気エンジンを搭載したモデルとなっており、最高出力は573PS、0-100km/hまでの加速は4.1秒、最高速度は324km/hというハイパフォーマンスなオープンスポーツカーとなっています。

アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)

基本性能などはクーペタイプのV12ヴァンテージSと同一となっているものの、オープンカーのため、ルーフの重量増によりクーペよりも重量が重くなり1745kgとなっているようです。
アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)

ちなみに今回投入される新型の「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」にも、以前ご紹介したオーダーメイドプログラムの「Q by アストンマーチン」が適用され要望に応じて好みのスタイルに仕上げることも出来るとのこと。

アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)
アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター
「アストンマーティンV12ヴァンテージSロードスター」(画像:プレスイメージより)



価格については日本向け仕様は未定ですが、英国向けは138,000ポンド(日本円にして2400万円以上)と発表されているため、先に発表された「アストンマーチン V12ヴァンテージS」より若干上の設定となるものと考えられます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。