スポンサーリンク
2014年10月2日木曜日

初のPHVコンセプトカー「ランボルギーニ・アステリオン」を発表

ランボルギーニ・アステリオン
ランボルギーニ初のPHVコンセプトカー「ランボルギーニ・アステリオン」を公開。
(画像:プレスイメージより)

「ランボルギーニ・アステリオン」を発表。初のPHVコンセプト。


先日、「謎のモデル」として予告されていた車両がついに公開となりました!

ランボルギーニは、フランスで開催されたパリモーターショーにて、同社としては初となるPHV(プラグインハイブリッド)スポーツカーのコンセプトモデルとなる「ランボルギーニ・アステリオン LPI 910-4」を発表しました。

近年、フェラーリなどのスーパーカーブランドがPHVモデルを開発するなど高性能モデルでも環境性能が注目される中、ついにランボルギーニも今回発表された「ランボルギーニ・アステリオン」でPHVスポーツカー開発への第一歩を踏み出すことになります。


高性能で低燃費な「ランボルギーニ・アステリオン」

ランボルギーニ・アステリオン
「ランボルギーニ・アステリオン」の合計出力は910HP。(画像:プレスイメージより)

ランボルギーニが公開した「ランボルギーニ・アステリオン」は、最高出力610HP、最大トルク57.1kgmの高性能なV型10気筒5.2リッターエンジンと3基で300HPのモーターが組み合わせられた仕様となっており、これにより合計の出力は910HPを実現。

ランボルギーニ・アステリオン
「ランボルギーニ・アステリオン」の最高速度は320km/h、0から100km/hまでの加速は3秒という高性能モデルに。(画像:プレスイメージより)

0-100km/hの加速はわずか3秒で、最高速度は最高速320km/hというパワフルなものとなっているだけでなく、EV走行も行うことが可能となっており、EVのみでは航続可能距離が50km、最高速度は125km/hになることも公表されています。

ランボルギーニ・アステリオン
「ランボルギーニ・アステリオン」はEVのみでの走行も可能。(画像:プレスイメージより)
ランボルギーニ・アステリオン
「ランボルギーニ・アステリオン」の内装。(画像:プレスイメージより)

こんなデザインでとてつもないパワーを持ったこのような車の場合、「燃費」は悪いものというのが前提な感じもありますが、コンセプトカーながら「ランボルギーニ・アステリオン」の燃費は欧州複合モード燃費は24.3km/リットルという「ランボルギーニ」という名前からは想像ができないような数値となっているようです。

「ランボルギーニ・アステリオン」は日常での走行を意識したモデル。

ランボルギーニ・アステリオン
レーストラック向けのモデルではなく日常での走行などを意識して製作されたコンセプトカーに。
(画像:プレスイメージより)

今回発表された「ランボルギーニ・アステリオン」は、公表の数値で見ると「スーパーカー」であることに変わりないと考えられますが、スポーティさを追求したモデルというより、一般的な日常での仕様を意識して開発されたコンセプトカーとなっているようで、新しくデザインされたエクステリアデザインや豪華で贅沢な内装などの部分にも力が入れられています。



パワーはもちろん、快適性や実用性、環境性能も兼ね備えた次世代のランボルギーニは「ランボルギーニ・アステリオン」から始まるのかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。