スポンサーリンク
2014年10月17日金曜日

マンソリーからカーボン製の「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の専用パーツが登場

マンソリーからカーボン製の「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の専用パーツが登場
マンソリーが発表した「ランボルギーニ・アヴェンタドール」用のカスタムパッケージ。
(画像:mansoryより引用)

攻撃力がスゴそうなマンソリーの「ランボルギーニ・アヴェンタドール」のカスタム。


ドイツのチューナーとして、超高級車やスーパーカーを中心にしたカスタマイズモデルを手掛けている「マンソリー」から、「ランボルギーニ・アヴェンタドール」専用のカスタムパッケージが発表されました。


全部カーボンファイバー製の「アヴェンタドール」専用パーツ。

マンソリーからカーボン製の「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の専用パーツが登場
カーボンファイバー製のリアバンパーやウイングも装着されています。(画像:mansoryより引用)

今回発表された「マンソリー・ランボルギーニ・アヴェンタドール・コンペティション」では、カーボンファイバーで製作されたフロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー、ミラーカバー、リアウイングのそれぞれのパーツが用意されており、アヴェンタドールをより刺激的なデザインに仕上げることが出来るようです。

マンソリーからカーボン製の「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の専用パーツが登場
フロントバンパーもカーボンファイバーに。(画像:mansoryより引用)

今回の「コンペティション」については、あくまでスタイリングパッケージなので、過去のマンソリーのコンプリートカーなどに比べれば落ち着いた感のあるスタイルですが、実際のところ、1600馬力にアップデートされた上、見た目がステルス戦闘機のようになってしまった「カーボナードGT」などのイメージで考えると、どんなにお金があってもデザイン的に「普通の人」が乗れるのはこのくらいまでなような気もしますね、、、。

ちなみに「カーボナードGT」についてはこちらの記事でご紹介しています。

マンソリーが「ランボルギーニアヴェンタドール」を1600馬力にチューンした「カーボナードGT」

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。