スポンサーリンク
2014年3月13日木曜日

マンソリーが「ランボルギーニアヴェンタドール」を1600馬力にチューンした「カーボナードGT」

マンソリー・カーボナードGT ランボルギーニアヴェンタドール
ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにチューンされたマンソリー「カーボナードGT
(画像:mansory.comより引用)

アヴェンタドールを1600馬力にチューンした「マンソリー・カーボナードGT」が登場。


先日から"900馬力のベントレー・フライングスパー"など、何度か記事をご紹介しているドイツのチューナー「マンソリー」ですが、今回は今まで以上にぶっ飛んだモデルです。

今回ご紹介するのはマンソリーがランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」をベースに6.5リッターV12エンジンにツインターボチャージャーを搭載した最高出力1600馬力(hp)最大トルク122.4kgmというとんでもないパワーを持ったカスタムモデル「マンソリー・カーボナードGT」です。

マンソリー・カーボナードGTは0-100km/hをたったの2.1秒で加速!?

マンソリー・カーボナードGT ランボルギーニアヴェンタドール
ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにチューンされたマンソリー「カーボナードGT」
(画像:mansory.comより引用)

上記の最高出力1600馬力を発揮するツインターボチャージャー搭載の6.5リッターV12エンジンもスゴいですが、「マンソリー・カーボナードGT」は多くの箇所がカーボンファイバーに置き換えられるなどの軽量化も施されているなど、各所で改良が行われており、その結果として0-100km/hまでの加速が「2.1秒」、最高速度は「370km/h」という意味不明なスペックとのこと。

マンソリー・カーボナードGT ランボルギーニアヴェンタドール
マンソリー「カーボナードGT」の内装はレザーやアルカンターラを使った豪華なものに。
(画像:mansory.comより引用)
マンソリー・カーボナードGT ランボルギーニアヴェンタドール
ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにチューンされたマンソリー「カーボナードGT」
(画像:mansory.comより引用)


もうここまで来てしまうと、その性能を活かすことが出来るのかすらも不明ですが、車体だけでなく、一部ホイール部分にまでカーボンファイバーを使用しているほか、内装にもレザーやアルカンターラをふんだんに使用しているなど、価格は発表されていませんが想像するだけでも恐ろしいくらいの設定なんでしょうね、、、。


ちなみに、今回ご紹介した「カーボナードGT」の以前のモデルとなる「カーボナード"ブラックダイヤモンド"(1250馬力)」に追い抜かれるとこんな感じになるようです。
)

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。