スポンサーリンク
2014年11月2日日曜日

ロールスロイスを改造した霊柩車が多数のファントムとともに墓地を走る!

ロールスロイス 霊柩車
世界で一番豪華で高級な「ロールスロイスの霊柩車」(画像:GFWilliams Photographyより引用)

霊柩車の頂点?世界で最も豪華な「ロールスロイス・ファントム」の霊柩車。


世界最高のクルマで人生の最期を締めくくることができるようです。

英国の葬儀サービス会社「AW Lymn ファミリー葬儀サービス」は、「ロールスロイス・ファントム」をベースにカスタムされた超高級な霊柩車を中心に、多数の「ロールスロイス・ファントム」とともに英国ノッティンガムの広場での迫力ある写真や、墓地を使った幻想的でハロウィンチックな写真などを公開しました。


世界最高の「ロールスロイス霊柩車」が夜の墓地を走る。

ロールスロイス 霊柩車
日本だと絶対にこういう構図で紹介しないシチュエーションですよね。
(画像:GFWilliams Photographyより引用)

今回多数のロールスロイスの中で異彩を放っている「ロールスロイス霊柩車」は、イタリアのカスタム霊柩車ビルダーの「Biemme Special Cars」が2012年に発表した「B12 Phantom Hearse」というモデルとなっているようで、全長は7メートル、ただでさえ長いロールスロイス・ファントムの車体をさらに拡張し、後部に棺を収める空間を増設した特別仕様となっています。

ロールスロイス 霊柩車
上の写真とは打って変わって、広場で撮影された写真は幻想的に(画像:GFWilliams Photographyより引用)
ロールスロイス 霊柩車
ちなみにこのロールスロイスの後部のハッチなどは電動で開閉や出し入れも可能とのこと。
(画像:GFWilliams Photographyより引用)

後部はガラス張りで内部を高感度のLEDで照らすことも可能とのことですが、天気の悪い日や、日が暮れた後にこのクルマがたまたま通りかかったところを見掛けてしまうと、スゴく珍しい高級車のはずなのに、とても微妙な気持ちになりそうな気もします。

ロールスロイス 霊柩車
大量のロールスロイスと夜の墓地の組み合わせ。(画像:GFWilliams Photographyより引用)
ロールスロイス 霊柩車
怖過ぎます。(画像:GFWilliams Photographyより引用)

クルマ好きが最期に乗るクルマがこれなら本人も人生に悔い無しだと思いますが、この珍しいロールスロイスの後部に乗れる時には、本人はもうこの世の人じゃないのがなんとも残念な超高級車です。

ロールスロイス 霊柩車
ロールスロイスがここまで揃うと圧巻の一言です。(画像:GFWilliams Photographyより引用)

ちなみに、今回ご紹介したロールスロイス・ファントムの霊柩車の価格は改造費だけでも50万ユーロ、日本円で7000万円以上とも言われており、ベースモデルのファントムが5000万円程度することを考えると、普通に使用されている一般的なモデルの中では恐らく世界で一番高額なモデルなのではないかと思われます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。