スポンサーリンク
2015年1月7日水曜日

新型高性能セダン「レクサスGS F」を発表。ハイパフォーマンスな4ドアモデルに。

レクサスGS F
レクサスから新型のハイパフォーマンスセダン「GS F」が登場。(画像:プレスイメージより)

新型「レクサスGS F」の概要や画像を公開!


レクサスは、1月12日より開催されるデトロイトモーターショーにて、高性能セダンとなる「レクサスGS F」を初公開すると発表しました。

新たな"F"モデルとして登場する高性能スポーツセダン「GS F」は、スポーツクーペとして先にデビューした「レクサスRC F」に続くハイパフォーマンスモデルとしてレクサスのスポーティモデルのラインアップに加わることになります。

※日本での発売日及び価格などが発表されたため一部追加掲載しております。

「レクサスGS F」は「RC F」譲りのハイパフォーマンスなセダンに。

レクサスGS F
「レクサスGS F」はV型8気筒5.0ℓ自然吸気エンジンを搭載し最高出力は473PS。
(画像:プレスイメージより)

今回、初披露となるデトロイトモーターショーに先駆けて発表された「レクサスGS F」は、その名の通り「レクサスGS」がベースのハイパフォーマンス仕様車となっており、パワートレーンにV型8気筒5.0ℓ自然吸気エンジンを採用し、最高出力は473PS、最大トルク53.7kgm/4,800〜5,600rpmという「RC F」の4ドアセダン版といった高性能なモデルとなっています。

レクサスGS F
「レクサスGS F」は駆動力制御システムTVDを搭載し3つのモードにより挙動を制御。
(画像:プレスイメージより)

また、「GS F」はクーペの「RC F」と同様に駆動力制御システムTVDが採用されたことで、ちなみにTVDには3つのモードが設定されており「STANDARD」は俊敏さと安定性の最適なバランスを維持し、「SLALOM」はステアリングレスポンスを重視、そして「CIRCUIT」は高速サーキットでの安定性を重視した設定となり、それぞれの状況に合わせた車両の挙動を実現しているとのこと。

レクサスGS F
「レクサスGS F」は専用設計のサスペンションによるな高い操縦安定性と一般道での快適な乗り心地を両立。
(画像:プレスイメージより)

「GS F」の乗り心地については、発表によるとサスペンションを専用設計とし、スポーツドライビング時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と一般道での快適な乗り心地を両立しており、「GS F」は街中や高速道路での安定感を実感する内に、峠道やサーキット走行も味わってみたいとドライバーに思わせるようなクルマに仕上がっているようです。

レクサスGS Fの日本発売を正式発表!価格は1100万円に。

(画像:プレスイメージより)

レクサスは、2015年11月25日に、高性能4ドアスポーツセダンの「GS F」を全国のレクサス販売店を通じて発売したことを発表しました。

(画像:プレスイメージより)

レクサスGS Fの日本での販売価格は1100万円(税込み)となっており、発売開始から1ヶ月の時点での受注台数は380台と、月販目標台数である20台を大幅に上回る好調な立ち上がりとなっているとのことです。

その他の新型GS Fの詳細は、レクサスディーラー、レクサス公式サイトなどにてご確認いただけると思います。

追加記事
【動画】まるでSFの世界!レクサスGS Fのオフィシャルプロモーションビデオが斬新

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。