スポンサーリンク
2015年4月22日水曜日

まるでSFの世界!シボレーのコンセプトモデル「FNR」が未来過ぎる!

シボレー FNR
シボレーがSFチックなコンセプトカー「FNR」を発表!(画像:プレスイメージより)

SFの世界から飛び出して来たような姿の「シボレーFNR」


GM(ゼネラルモーターズ)と上海汽車の合併企業である上海GMが「シボレー」のブランドで4月19日に上海モーターショーで公開したEVコンセプトカー「シボレーFNR」が、未来的すぎる外観デザインや、SFに登場しそうなハイテクでユニークな装備で話題となっています。


「シボレーFNR」には映画に登場しそうな装備も満載!

シボレー FNR
デザインも装備も全てが未来的すぎる「シボレーFNR」(画像:プレスイメージより)

今回公開された「シボレーFNR」は、上海GMのテクニカルセンターが主導して手掛けたという、カプセルのようなスタイルのEVコンセプトカーとなっており、その姿はまるでSF映画に登場する未来の乗り物のようにも見えます。

シボレー FNR
カプセルのようなスタイルの外観デザイン。(画像:プレスイメージより)
シボレー FNR
自動運転モードでは前席が180度回転する仕様に。(画像:プレスイメージより)
シボレー FNR
ジェスチャーなどで各種操作が可能。(画像:プレスイメージより)
シボレー FNR
乗り心地はどんな感じなのでしょうか?(画像:プレスイメージより)
シボレー FNR
インパネなどもSF映画のようなデザインに。(画像:プレスイメージより)
シボレー FNR
レーザークリスタル仕様のヘッドライト。(画像:プレスイメージより)

このクルマのスゴい部分は外観デザインや、何がどうなっているのかよく分からないレベルのドアの開き方だけではなく、ワイヤレス充電をはじめ、ドライバーのジェスチャーによるコントロールや、瞳による認証システム、さらに自動運転モードも搭載し、自動運転の際には前席が180度回転して後部座席と対面することも可能という、映画に登場しそうなレベルの装備が満載のモデルとなっています。

シボレー FNR
コンセプトカーであり市販化されることは無いと思われます。(画像:プレスイメージより)

当然のことながら、「シボレーFNR」が今後市販化されることは無いと思われますが、クルマとして実用的かどうか以前に、このぶっ飛んだデザインに電気自動車の未来が詰まっているように感じられますね。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。