スポンサーリンク
2015年3月17日火曜日

最新スーパーカーの「インパネ」はこんなデザイン!

最新スーパーカーのインストルメントパネル(インパネ)まとめ
スーパーカーや超高級車のインストルメントパネル(インパネ)を特集してみました。
(画像:フェラーリカリフォルニアTのプレスイメージより)

スーパーカー&高級車のインパネはこんなデザイン!


自動車には性能やデザインなどそれぞれに各社の個性が感じられる特徴がありますが、その中でもスピードメーターやタコメーターなど、ドライバーが一番目にする機会が多い部分といえば「インストルメント・パネル」(インパネ)だと思います。

そこで今回は、多くの車種の中でも、特にメーカーのこだわりが感じられるものの、普通では目にする機会が少ない1台が数千万円から数億円という桁違いのスーパーカー&高級車に採用されているインパネをご紹介していきたいと思います!

2016年9月:記事公開後に発表・発売された一部最新スーパーカーのインパネ画像を追加しました。


最新のスーパーカー&高級車のインパネをまとめてみました!

画像は日産GT-R NISMOのインパネです。(プレスイメージより)

インパネとは。

インパネとは、インストルメント・パネルの略で、主にスピードメーター、タコメーター、燃料計、水温計、距離計などの自動車の情報を指し示す計器類が配置されている場所のことですが、使用する人やメーカーなどにより範囲は若干違うようです。

また、最近の車種では計器のディスプレイ化が進んでいたり、センターコンソールやヘッドアップディスプレイ、ナビゲーションシステムと一体化しているものも多いです。

今回ご紹介するのは、記事公開時(2015年現在)の現行モデルの最新スーパーカーや超高級車の中から、単に速度やクルマの情報を得るためではなく、見ているだけでも楽しめそうなインパネを厳選してご紹介していきたいと思います!

※スーパーカー&スポーツカーには赤、高級車には黄色のをタイトルに付けています。

フェラーリの最新モデルのインパネまとめ。

フェラーリ「ラ・フェラーリ」のインパネ。

「ラ・フェラーリ」のインパネ
ラフェラーリのインストルメントパネル。(画像:ラフェラーリのプレスイメージより)

フェラーリの最上級スーパーカーとして限定発売されたスペチアーレモデル「ラ・フェラーリ」のインパネです。

【関連記事】
「ラ・フェラーリ」の助手席から見える景色はこんな感じ!

フェラーリ「488GTB」のインパネ。

フェラーリ「488GTB」のインパネ。
488GTBのインストルメントパネル。(画像:フェラーリ488GTBのプレスイメージより)

続いて、同じくフェラーリの最新モデルとして発表された458イタリアの後継モデル「488GTB」のインパネです。

【関連記事】
フェラーリ488GTBを発表。新型の高性能スポーツカーとしてデビューへ

フェラーリ「カリフォルニアT」のインパネ。

フェラーリ「カリフォルニアT」のインパネ。
カリフォルニアTのインストルメントパネル。(画像:フェラーリカリフォルニアTのプレスイメージより)

こちらはビッグマイナーモデルチェンジした「フェラーリ・カリフォルニアT」のインパネです。

【関連記事】
「フェラーリ・カリフォルニアT」を公式発表
「フェラーリカリフォルニアT」がついに日本上陸!

フェラーリ「458スペチアーレ」のインパネ。

フェラーリ「458スペチアーレ」のインパネ。
458スペチアーレのインストルメントパネル。(画像:フェラーリ458スペチアーレのプレスイメージより)

458イタリアの高性能モデルとして発表された「フェラーリ458スペチアーレ」のインパネです。近年のフェラーリはドライバー中心の設計が多いようです。

【関連記事】
「フェラーリ458スペチアーレA」を正式発表
モナコを走る「ラフェラーリ」と「458スペチアーレ」が激写される!

ランボルギーニ最新モデルのインパネまとめ。

ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」のインパネ

ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」のインパネ
アヴェンタドールSVのインストルメントパネル。
(画像:ランボルギーニ・アヴェンタドールSVのプレスイメージより)

ランボルギーニ・アヴェンタドールの高性能モデルとしてジュネーブモーターショーにて正式発表された「アヴェンタドールSV」のインパネです。

【関連記事】
高性能モデル「ランボルギーニ・アヴェンタドールSV」を発表!

ちなみに「ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター」はこんな感じです。
(画像:ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターのプレスイメージより)

ランボルギーニ「ウラカン」のインパネ。

ランボルギーニ「ウラカン」のインパネ。
ウラカンのインストルメントパネル。(画像:ランボルギーニ・ウラカンのプレスイメージより)

長年販売されていたランボルギーニガヤルドの後継として登場した新型車「ランボルギーニ・ウラカン」のインパネです。

【関連記事】
【動画】ダッシュボードディスプレイで見る「ランボルギーニ・ウラカン」の魅力!
ランボルギーニ「ウラカン」を公式発表。ガヤルドの後継となる最新モデルが登場


欧州ブランドのスーパーカー&高級車のインパネまとめ。

ポルシェ「918スパイダー」のインパネ。

ポルシェ「918スパイダー」のインパネ。
918スパイダーのインストルメントパネル。(画像:ポルシェ918スパイダーのプレスイメージより)

ポルシェが918台限定で発売したプラグインハイブリッドのスーパーカー「918スパイダー」のインパネです。

【関連記事】
「918スパイダー」ポルシェが次世代スーパーカーを発表
限定スーパーカー「ポルシェ918スパイダー」が2014年内にも完売へ

アウディ「R8」のインパネ。

アウディR8のインパネ
フルモデルチェンジしたアウディR8のインパネはこんなデザイン。
(画像:アウディR8のプレスイメージより)

先日フルモデルチェンジが発表されたばかりの新型アウディR8のインパネはこのようなデザインとなっています。

先代がアナログチックなスタイルのインパネだったのに対して、新型モデルでは近年のアウディにも採用されているようなディスプレイタイプのものへ変更されています。

【関連記事】
「アウディR8」のフルモデルチェンジを発表
進化したEVスーパーカー「アウディR8 e-tron」ついに登場!

マクラーレン「P1」のインパネ。

マクラーレン「P1」のインパネ。
マクラーレンP1のインストルメントパネル。(画像:マクラーレンP1のプレスイメージより)

マクラーレンが2013年に発表した375台限定のスーパーカー「P1」のインパネです。
全体がディスプレイ化されているようです。

【関連記事】
【動画】全てがグリーンに塗装された特注「マクラーレンP1」が目立ちすぎ!
マクラーレンP1が既に完売した模様

マクラーレン「650S」のインパネ。

マクラーレン「650S」のインパネ。
マクラーレン650Sのインストルメントパネル。(画像:マクラーレン650Sのプレスイメージより)

同じくマクラーレンの高性能モデルとして2014年に発表されたP1の下にランクされるスーパーカー「650S」のインパネです。

【関連記事】
「マクラーレン650S」の最新関連ニュース
「マクラーレン650Sスパイダー」新型オープンモデルがついに登場

アストンマーチン「ヴァンキッシュ」のインパネ。

アストンマーチン「ヴァンキッシュ」のインパネ。
ヴァンキッシュのインストルメントパネル。(画像:アストンマーチン・ヴァンキッシュのプレスイメージより)

DBSの後に登場したアストンマーチン・ヴァンキッシュのインパネです。
画像は「ヴァンキッシュ・ヴォランテ」のもの。

【関連記事】
パワーアップした2015年モデルの「アストンマーチン・ヴァンキッシュ」が登場

ジャガーXJのインパネ。

ジャガーXJのインパネ
(画像:ジャガーXJアルティメットのプレスイメージより)

ジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」のインパネです。
画像はラグジュアリー仕様の「XJアルティメット」のもの。

ベントレー「ミュルザンヌ・スピード」のインパネ。

ベントレー「ミュルザンヌ・スピード」のインパネ。
ミュルザンヌスピードのインストルメントパネル。
(画像:ベントレー・ミュルザンヌスピードのプレスイメージより)

ベントレーのフラッグシップ「ミュルザンヌ」の高性能仕様として2014年に発表された「ミュルザンヌ・スピード」のインパネです。

【関連記事】
高性能で豪華な「ベントレー・ミュルザンヌ・スピード」を発表

ロールスロイス「ゴースト」のインパネ。
ロールスロイス「ゴースト」のインパネ。
ゴーストのインストルメントパネル。(画像:ロールスロイスゴーストのプレスイメージより)


2014年ジュネーブモーターショーにて発表されたマイナーチェンジモデル「ゴースト・シリーズII」のインパネです。速度などがヘッドアップディスプレイに表示されています。

【関連記事】
「ロールス・ロイスゴースト・シリーズ2」を公開。進化したゴーストが登場

メルセデスベンツ「マイバッハSクラス」のインパネ。

メルセデスベンツ「マイバッハSクラス」のインパネ。
マイバッハSクラスのインストルメントパネル。(画像:メルセデス-マイバッハSクラスのプレスイメージより)

メルセデスベンツのサブブランドとして復活した超高級車ブランド「マイバッハ」のSクラスのインパネです。大型のディスプレイタイプとなっています。

【関連記事】
超高級サルーン「メルセデス・マイバッハSクラス」を正式発表

メルセデスベンツ「AMG GT」のインパネ。

メルセデスベンツ「AMG GT」のインパネ。
AMG GTのインストルメントパネル。(画像:メルセデス-AMG GTのプレスイメージより)

同じくメルセデスベンツの最新スポーツカーとしてデビューした「メルセデス-AMG GT」のインパネはこんな感じです。

【関連記事】
新型スポーツカー「メルセデス-AMG GT」を発表

BMW「i8」のインパネ。

BMW「i8」のインパネ。
BMW i8のインストルメントパネル。(画像:BMW i8のプレスイメージより)

BMWの最新プラグインハイブリッドスポーツカー「i8」のインパネです。
ディスプレイの表示なども未来の乗り物のような雰囲気ですね。

【関連記事】
「BMW i8」の市販モデルを正式発表
【動画】未来的なスタイルが魅力の「BMW i8」の試乗レビュー

マセラティ「ギブリ」のインパネ。

マセラティ「ギブリ」のインパネ。
ギブリのインストルメントパネル。(画像:マセラティ・ギブリのプレスイメージより)

マセラティのEセグメントモデルとして復活した「ギブリ」のインパネです。
画像は「マセラティ ギブリ エルメネジルド ゼニア エディション」のもの。

【関連記事】
マセラティの最新モデル「ギブリ」がついに日本上陸。マセラティギブリの魅力に迫る
「マセラティ・ギブリ」と「エルメネジルド ゼニア」のコラボモデルを発表


アルファロメオ「4C」のインパネ。

アルファロメオ「4C」のインパネ。
4Cスパイダーのインストルメントパネル。(画像:アルファ4Cスパイダーのプレスイメージより)

アルファロメオのミッドシップスポーツカー「4C」のインパネです。
画像は新たに追加された「4Cスパイダー」のもの。

【関連記事】
アルファロメオ4C・コンパクトなスーパーカー4Cの魅力
アルファロメオ4Cが日本国内で発売へ!価格も発表
アルファロメオ4Cスパイダーを正式発表。新型のオープンスポーツカーとして登場へ

国産の高性能モデルのインパネまとめ。

レクサス「RC F」のインパネ。

レクサス「RC F」のインパネ。
レクサスRC Fのインストルメントパネル。(画像:レクサスRC Fのプレスイメージより)

スポーツクーペの「RC」をベースにし、レクサスが2014年に発表した高性能車「RC F」のインパネです。

【関連記事】
レクサス【RC F】新型クーペRCの最強グレードが登場
レクサスの新型クーペ「RC」と「RC F」が日本で発売開始

日産「GT-R NISMO」のインパネ。

日産「GT-R NISMO」のインパネ。
GT-R NISMOのインストルメントパネル。(画像:日産GT-R NISMOのプレスイメージより)

日産GT-Rの高性能モデルとして2013年に発表された日産「GT-R NISMO」のインパネです。GT-R NISMOは、2016年にマイナーモデルチェンジしていますが、エクステリア・インテリアデザインに変更はあったものの、インパネ部分に関しては見る限りでは変わっていないようです。

【関連記事】
日産「GT-R NISMO」の米国向け第一号車が納車!価格は米国の方がちょっと高い?
日産「GT-R NISMO」究極のハイパフォーマンスGT-Rが誕生


ホンダの新型「NSX」のインパネ。

ホンダの新型「NSX」のインパネ。
ホンダの新型NSXのインパネはこんなデザインです。(画像:ホンダNSXのプレスイメージより)

2016年についに発売された新型のホンダNSXのインパネはこんなデザインです。メーター類などは全てディスプレイ化されており、モード変更などで表示や速度、トランスミッションなどに応じた動きもするようです。

ホンダの新型「NSX」のインパネ。
インパネでは速度など以外にSPORT、SPORT+などのモード変更もディスプレイに表示されます。
(画像:ホンダNSXのプレスイメージより)

関連記事:ホンダ、新型「NSX」の日本発売を発表!価格は国内メーカーの現行型で最高額の2370万円に。

高性能なスーパーカーブランドのインパネまとめ。

パガーニ「ウアイラ」のインパネ。

パガーニ「ウアイラ」のインパネ。
ウアイラのインストルメントパネル。(画像:パガーニ・ウアイラのプレスイメージより)

画像だとちょっと分かりにくいですが、イタリアのパガーニ・アウトモビリが2011年に発表したスーパーカー「ウアイラ」のインパネです。

【関連記事】
【動画】超高級スーパーカー「パガーニ・ウアイラ」の試乗レビュー
1億3000万円の超高級スーパーカー「パガーニ・ウアイラ」が完売!

パガーニ「ゾンダF」のインパネ。

(画像: Some rights reserved by Axion23

25台限定で生産されたパガーニ・ゾンダFのインパネなこのようなデザインです。

ブガッティのインパネまとめ。

ブガッティ「ヴェイロン」のインパネ。

ブガッティ「ヴェイロン」のインパネ。
ヴェイロンのインストルメントパネル。(画像:ブガッティ・ヴェイロンのプレスイメージより)

最後はやはりこのクルマ「ブガッティ・ヴェイロン」のインパネで終わりにしたいと思います。画像はヴェイロン・スーパースポーツのものとなっており、世界最速の市販車とだけあってメーターに表示されている数字が桁違い過ぎてスゴいです。

【関連記事】
【動画】3億円オーバーの「ブガッティ・ヴェイロン」の納車シーンはこんな感じ!
ブガッティ・ヴェイロン生産終了!最後の1台「ラ・フィナーレ」を発表

ブガッティ・シロンのインパネ。

ブガッティ・シロンのインパネ
ブガッティ・シロンのインパネはこんなデザイン。(画像:ブガッティ・シロンのプレスイメージより)

ブガッティが「ヴェイロン」の後継車種として2016年3月に発表した新型車「シロン」は、新開発の8.0リッターW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力は1500HP、最大トルク1600Nm、0-100km/hまでの加速は2.5秒以下で最高速度は420km/hというとんでもないスペックのスーパーカーです。

ブガッティ・シロンのインパネ
ちなみにブガッティ・シロンの価格は1台3億円以上のようです。
(画像:ブガッティ・シロンのプレスイメージより)

そんな「シロン」では、エクステリア、インテリアのデザインとともに、インパネも先代の「ヴェイロン」から一新されています。

【関連記事】
ブガッティ・シロンを正式発表!1500馬力で最高速度420km/hの新型スーパーカーに。

スーパーカーのインパネは各社の個性が反映されている。


いかがでしたでしょうか?一部、最近生産が終了となったモデルも含まれていますが、近年の超高級車やスーパーカーのインストルメントパネル(インパネ)を中心に掲載してみました。

インパネおよびその周辺の画像のみを掲載しましたので、もし実車の車両のデザインやインテリアが気になる方は、各項目に掲載しているリンクから関連記事もご覧いただけます。

【関連記事】
世界一高い車は?2014年版「高級車ランキング」トップ10
「世界最速の車ランキング」TOP10(0-100km/hの加速編)
世界一速いSUVはどんなクルマ?「世界最速のSUVランキング」TOP5

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。