スポンサーリンク
2015年5月27日水曜日

ポルシェ911を修理に出したらPORSHCEになって帰ってきた写真が海外で話題に。

ポルシェ911を修理に出したらPORSHCEになって帰ってきた写真が海外で話題に。
修理に出したポルシェがPORSHCEになって帰ってきた。(©Twitter/Ollie Martin

ポルシェが修理から帰って来たら名前がPORSHCEに。


スペルミスは多くの人が少なくとも一度くらいはやってしまう間違いですが、もしも修理に出した愛車のポルシェ911がこんなことになっていたらショックですね。

この話題はTwitterユーザーのOllie Martin氏が投稿したもので、彼のドバイの友人が凹みの修理に出していたポルシェ911が、修理から帰ってきたら「PORSHCE911」に変更されていたとのこと。


修理の際にメカニックがミスった?「PORSHCE911」の写真が話題に。

ポルシェ911を修理に出したらPORSHCEになって帰ってきた写真が海外で話題に。
本来はこのように取り付けられるはずでした。(画像はポルシェ911カレラSのプレスイメージより)

恐らく、メカニックが凹みの修理のために一旦ポルシェのロゴが取り外して、その後にもう一度取り付けた際に起こった間違いだと思われますが、PORSHCE、ポルシチ?ポルシチェ?一体なんと読めば良いのか分かりません。


ちなみに正解は「Porsche」です。このツイートは元トップギアのジェレミー・クラークソン氏がリツイートしているほか、海外メディアのdailymailでも取り上げられるなど注目を集めました。

小さな間違いではあるものの、もしも実際に自分の車でこれをやられたら、走るたびに後ろのクルマに気づかれていないか気になって仕方ないと思います。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。