スポンサーリンク
2015年7月29日水曜日

フェラーリ488スパイダーを正式発表!488GTBのオープンモデルとして登場へ。

フェラーリ488スパイダー
フェラーリが新型の高性能オープンモデル「488スパイダー」を発表。(画像:プレスイメージより)

新型「フェラーリ488スパイダー」が登場!


フェラーリは、2月に発表され、3月のジュネーブモーターショーで初披露された「フェラーリ488GTB」のオープンモデルとなる高性能スポーツカー「フェラーリ488スパイダー」を発表しました。

クーペの488GTBをベースにした488スパイダーは、搭載エンジンなどは488GTBと共通しており、当初、9月に開催されるフランクフルトモーターショーでの初公開が予定されていると掲載していましたが、9月15日、ドイツで開催されているフランクフルトモーターショーにて初披露されましたので9月17日に追記で画像などを掲載しております。


高性能オープンモデル「フェラーリ488スパイダー」、0-100km/h加速は3.0秒。

フェラーリ488スパイダー
488GTBのオープンモデルとして発表された「488スパイダー」(画像:プレスイメージより)

一部では限定モデルとして「F12ベルリネッタ」の高性能仕様が発表されるともウワサされていた中、7月28日に突如として発表された「フェラーリ488スパイダー」は、フェラーリ458イタリアの後継モデルとなる「488GTB」と同様、「458スパイダー」の実質的な後継ともいえる高性能モデルとなっており、3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は670PS、最大トルク760Nm、0-100km/hまでの加速は3.0秒、最高速度は325km/hと公表されています。

フェラーリ488スパイダー
搭載エンジンは3.9リッターV8ツインターボ。(画像:プレスイメージより)
フェラーリ488スパイダー
アルミニウム合金を使用することで488GTBと同等の剛性を実現。(画像:プレスイメージより)

また、オープンモデルである「フェラーリ488スパイダー」では、マグネシウムなどの金属を組み合わせた11種類のアルミニウム合金をシャーシに使用しており、これによりクーペモデルと同じレベルの剛性が実現されているとのこと。

フェラーリ488スパイダー
458スパイダーの実質的な後継モデルに。(画像:プレスイメージより)
フェラーリ488スパイダー
0-100km/hまでの加速は3.0秒、最高速度は325km/h。(画像:プレスイメージより)
フェラーリ488スパイダー
基本的な部分は488GTBと同じになっているようです。(画像:プレスイメージより)

フェラーリ488スパイダー、フランクフルトモーターショーで初披露。

(画像:フェラーリ公式サイトより引用)

新型のフェラーリ488スパイダーは発表されたばかりのため公開されたBlu Corsaカラーのモデル以外、実車などは披露されていませんでしたが、9月15日にドイツで開催中のフランクフルトモーターショーにて初公開されましたので、ワールドプレミアの画像とオフィシャルプロモーション映像を以下より追記でご紹介しています。


フェラーリ社が公開したフランクフルトモーターショーの様子は以下。

フェラーリ488スパイダー
当初はイメージ画像のみでしたが、今回のワールドプレミアでは実車がお披露目されました。
(画像:フェラーリ公式サイトより引用)
フェラーリ488スパイダー
デザインを際立たせる新色「BluCorsa」を纏ったフェラーリ488スパイダー。
(画像:フェラーリ公式サイトより引用)
フェラーリ488スパイダー
公開されていた画像よりも鮮やかなブルーのように見えます。(画像:フェラーリ公式サイトより引用)
フェラーリ488スパイダー
14秒で開閉可能なリトラウタブルハードトップは458スパイダーに比べ25kgも軽量化されています。
(画像:フェラーリ公式サイトより引用)

フェラーリ488スパイダーのオフィシャルプロモーション映像はこちら。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。