スポンサーリンク
2015年12月29日火曜日

ベントレーが新型の高級SUV「BENTAYGA(ベンテイガ)」を発表!日本での販売価格は2695万円に。

ベントレー・ベンテイガ
新型の高級SUV「ベントレー・ベンテイガ」を正式発表。(画像:プレスイメージより)

新型の高級SUV「ベントレー・ベンテイガ」を発表。


ベントレーは、以前より開発段階から話題となっていた新型の高級SUV「ベンテイガ」をドイツで開催されるフランクフルトモーターショーに先駆け正式発表しました。

ベントレー・ベンテイガ」は、ベントレーのラグジュアリー性とスポーツ性能、オフロード性能といった高いパフォーマンスが融合した高級SUVとなっており、同社はこのモデルを「セグメントの概念を塗り替える最高峰の新型モデル」であると紹介しています。

・2015年12月25日、「ベントレー・ベンテイガ」の日本での販売価格及び納車時期などが正式発表されましたので、詳細を追加掲載しております。

・2016年2月27日、ベントレー・ベンテイガの詳細な試乗レビュー動画を追加でご紹介しております。

ベントレー・ベンテイガの日本での受注を開始。販売価格も発表!

ベントレー・ベンテイガ 日本
ついに日本での受注開始が発表された「ベントレー・ベンテイガ」(画像:プレスイメージより)

2015年12月29日追加更新
ベントレーが2015年9月に発表した新型の高級SUV「ベンテイガ」の日本での受注開始及び販売価格が、12月25日にベントレーモーターズジャパンより正式発表されました。

ベントレー・ベンテイガ
ベントレー・ベンテイガの日本での価格は2695万円。(画像:プレスイメージより)

ベントレー・ベンテイガの日本での販売価格は2695万円(税込み)で、すでに全国のベントレー正規販売ディーラーにて受注が開始されており、国内への納車時期は2016年の秋頃が予定されているとのことです。

ベントレーらしい高級感と高い性能が融合した「ベントレー・ベンテイガ」

ベントレー・ベンテイガ
ついに明らかとなった「ベントレー・ベンテイガ」(画像:プレスイメージより)

今回発表された新型SUV「ベントレー・ベンテイガ」は、新設計の6.0リットルW12ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は608PS、最大トルクは900Nmと公表されており、SUVでありながら最高速度は301km/hを記録し、0-100km/hの加速は4.1秒という驚異的なパフォーマンスを誇るラグジュアリーモデルに仕上げられています。

ちなみに「ベンテイガ」の0-100km/hの加速性能については、当サイト調べでは現時点でSUVの市販車として世界最速レベルの加速性能となっています。

ベントレー・ベンテイガ 性能
ベントレー史上最も過酷な走行テストを経て開発された新型SUVに。(画像:プレスイメージより)

ベントレーは「ベンテイガ」を開発するにあたり、南アフリカやドバイ、英国などで、マイナス30度から最高気温50度の砂漠を含め、ベントレーのブランドでは史上最も過酷な走行テストを経て開発されたモデルとなっているとのことで、新設計のシャーシによる高い乗り心地と快適性、そして場所や気候を選ばないパフォーマンスが実現されているとのこと。

「ベントレー・ベンテイガ」は「EXP9 F」よりも現代的でスタイリッシュな外観に。

ベントレー・ベンテイガ デザイン
2012年に発表されていたコンセプトカー「EXP9 F」よりも現代的なスタイルに。
(画像:プレスビデオより)

高級スポーツカーやラグジュアリーサルーンの印象が強いベントレーのラインアップに新たに加わる「ベントレー・ベンテイガ」の外観は、力強いSUVらしい風格と、ベントレーのその他のモデルと共通したスタイルが組み合わされた彫刻的なデザインに仕上げられており、同社が2012年のジュネーブモーターショーで公開したコンセプトカー「EXP9 F」のデザインと比べると、市販モデルではさらに現代的なフォルムとなっている印象です。

ベントレー・ベンテイガ グリル
ベントレーらしさと力強いSUVスタイルが融合。(画像:プレスビデオより)
ベントレー・ベンテイガ デザイン
ベンテイガは彫刻的なデザインが印象的なモデルに。(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ テールライト B
テールライトのデザインは「B」のカタチに。(画像:プレスイメージより)

また、フロントバンパーにスキッドプレートを組み込んだり、リアのテールライト内に「B」のカタチに光るグラフィックを取り入れて夜間に目を引くスタイルに仕上げるなど、SUVとしての高い走破性と、ベントレーブランドのモデルとしての印象が細部に反映されたものになっているようです。

「ベントレー・ベンテイガ」は最先端装備とハンドメイドのインテリアも特徴に。

ベントレー・ベンテイガ インテリア
職人によりハンドメイドで仕上げられる上質なインテリア。(画像:プレスイメージより)

上記の過酷な環境にも対応した高い走行性能やSUVとベントレーらしさを融合したエクステリアとともに、「ベントレー・ベンテイガ」ではラグジュアリーSUVとしての質感の高いインテリアも特徴となっており、ベントレーの本社で職人の手により作り込まれたウッドパネルと高品質なレザー、そして磨き上げられた金属パーツなどを多用した高級感のある室内空間が表現されているとのこと。

ベントレー・ベンテイガ
(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ
(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ 後部座席
ベントレー・ベンテイガの後部座席。(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ ブライトリング
ブライトリングの時計が配置されています。(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ グラスセット
Linley社が特別製作した最高級の磁器製カトラリーと陶器製食器とクリスタルグラスのセットなども発売。
(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ アウトドア
アウトドアで快適に過ごせるようにハンパーの一部を取り外してシートとして使うことも。
(画像:プレスイメージより)
ベントレー・ベンテイガ 素材
インテリアにはウッド、レザー、金属が多用されています。(画像:プレスイメージより)

また、最先端の各種ドライバー支援システムやダイヤル操作での走行設定変更、アダプティブ・クルーズ・コントロールと呼ばれるナビデータとセンサー、カメラを組み合わせて走行する場所を予測し、状況に応じて車速を増減する機能、さらには駐車スペースを検出して自動操舵によってハンドル操作をサポートするパークアシストなども搭載されています。

ベントレー・ベンテイガの詳し過ぎる試乗レビュー動画。

ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベントレー・ベンテイガの詳細過ぎる試乗レビュー動画が公開されました。(画像:Saabkyle04より引用)

自動車の試乗レビューで知られる海外ユーチューバーのSaabkyle04が、ベントレーの新型SUV「ベンテイガ」の詳細な試乗レビュー動画を公開していましたのでご紹介したいと思います。


2月23日に公開されたベンテイガのレビュー映像では、内外装の説明やドライブしている様子はもちろん、エンジンスタート・ストップ方法、後部座席の広さや収納スペース、グローブボックス、サンルーフの開け方、ナビの使い方、オーディオの音質調整などの各種装備、走行モードをはじめとした搭載機能の操作方法など、40分以上にも渡りあらゆる部分を紹介されており、おそらく、現時点ではベンテイガの一番詳しい試乗レビューとなっているのではないでしょうか?

以下より、動画の一部スクリーンショットの画像を掲載しています。
まずはベンテイガの運転席側の装備から。
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベントレー・ベンテイガのエンジンスタート&ストップボタン。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベントレー・ベンテイガのウインカーなどはこんな感じ。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベントレー・ベンテイガのエアコン。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
パノラマルーフを開くとこんな感じになります。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベントレー・ベンテイガはApple CarPlayにも対応しています。(画像:Saabkyle04より引用)

続いてベンテイガの後部座席&収納スペースについて。
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
ベンテイガの後部座席はこんな感じです。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
後部座席には2台の大型ディスプレイが。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
後部座席中央部分にはエアコンなどを操作出来る取り外し可能な端末も搭載。(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
トランクスペースにはスライド式のベンチが付いており、座ってくつろぐことも出来ます。
(画像:Saabkyle04より引用)
ベントレー・ベンテイガ  試乗レビュー
後部座席シートを倒した状態での収納スペースはこれくらいの広さ。(画像:Saabkyle04より引用)

映像を見る限りベンテイガは、高級車「ベントレー」らしい豪華な質感と、走りや実用性を兼ね備えた至れり尽くせりなクルマのようですね。

「ベントレー・ベンテイガ」の日本導入は2016年秋に開始。ディーゼルとハイブリッドも登場予定。

ベントレー・ベンテイガ 日本
「ベントレー・ベンテイガ」の日本導入の時期は2016年の秋以降に予定されています。
(画像:プレスイメージより)

ベントレー・ベンテイガ」については、最初にご紹介した通り、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショーでの初披露が予定されていますが、正式発表と同時に日本での発売時期についてもベントレーモーターズジャパンにより公表されており、日本への納車時期は2016年の秋以降の予定となっているとのこと。

ベントレー・ベンテイガ ディーゼル ハイブリッド
価格や導入については不明ですが、今後ディーゼルとハイブリッドも登場予定とのこと。
(画像:プレスイメージより)

また、今回発表された「ベンテイガ」には6リッターW12ツインターボTSI搭載モデルだけでなく、日本導入は不明ですが、今後、ディーゼル搭載モデルとハイブリッドモデルも登場する予定となっているようです。


正式発表までの間、当サイトではBENTAYGAを「ベンタイガ」の表記で掲載していましたが、国内向けの正式な名称は「ベンテイガ」となるようなので、今後は「ベンテイガ」と表記してご紹介していきたいと思います。

※2015年12月25日に日本向けの価格や納車時期が発表されましたので追記しています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。