スポンサーリンク
2015年9月13日日曜日

600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。

600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
ブラバスがメルセデスAMG GT Sのチューニングプログラムを発表。(画像:プレスイメージより)

ブラバスが「メルセデスAMG GT S」をカスタム!


ドイツのチューナーとしてメルセデスベンツのモデルのカスタムを手掛けていることで有名な「ブラバス」は、フランクフルトモーターショーでの公開に先駆け、「メルセデスAMG GT S」のカスタム仕様「BRABUS 600」を発表しました。


0-100km/hや最高速度は「AMG GT S」や「SLS AMG」を上回るものに。

600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
カーボンボディキットなどの装着のほか、チューニングにより最高出力が600PSに。
(画像:プレスイメージより)

ブラバスが発表した「メルセデスAMG GT S」のチューニングプログラム「BRABUS 600」では、風洞テストを行うなどして開発されたというカーボンファイバー製の専用エアロボディキットや21インチのマルチスポークアルミホイールなどが用意されているほか、「AMG GT S」のエンジンをチューニングすることで、最高出力が600PS、最大トルクが750Nm(通常のAMG GT Sは510PS、650Nm)へアップされるなど、見た目もスペックも強化されています。

600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
開催されるフランクフルトモーターショーにて公開が予定されています。(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
風洞テストなどにより開発されたエアロパーツを装着。(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
エアロパーツはカーボンファイバー製です。(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
AMG GT Sに搭載されたエンジンを制御する「PowerXtra B40」により性能面が向上。
(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
ホイールは21インチのマルチスポークアルミホイール。(画像:プレスイメージより)
600馬力にチューンされたブラバス仕様の「メルセデスAMG GT S」が登場。
AMG GT Sのほか、SLS AMGよりも速いクルマに。(画像:プレスイメージより)

これにより、0-100km/hの加速は3.6秒と、ベースモデルよりも速くなっているほか、最高速度も325km/hに達すると公表されており、数値的にはスーパーカーだったSLS AMGの0-100km/h3.8秒、最高速度317km/hを上回るものになっています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。