スポンサーリンク
2016年1月30日土曜日

「デロリアンDMC-12」が新車で限定で復活!?2017年にも再生産する計画。

「デロリアンDMC-12」が新車で限定で復活!?2017年にも再生産する計画。
「デロリアンDMC-12」が2017年にも「新車」として限定で復活!?
(画像:DeLorean Motor Company公式サイトより引用)

あの「デロリアンDMC-12」が2017年に再生産?


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに車型タイムマシンのベースモデルとして登場し人気となり、トータルで8500台以上が生産されたものの、1982年にメーカーの「デロリアン・モーター・カンパニー」が倒産し生産が終了していたあの「デロリアンDMC-12」が、2017年にも「新車」として復活するようです。


レストアや部品供給を行って来た会社が「デロリアンDMC-12」の再生産を計画。

「デロリアンDMC-12」が新車で限定で復活!?2017年にも再生産する計画。
本家DMCの倒産後、レストアや部品供給を行って来た会社がデロリアンDMC-12の再生産を計画。
(画像:DeLorean Motor Company公式サイトより引用)

今回「デロリアン」の再生産を計画しているのは、テキサスにある「デロリアン・モーター・カンパニー」という会社で、実際のところ1982年に倒産した「デロリアン・モーター・カンパニー」とは直接関係のない企業ですが、倒産後の「デロリアンDMC-12」のレストアや修理用の部品の供給を長年行って来た会社となっており、米国の法改正によって現在の安全規定を満たしていない状態でも少数ならレプリカを製造してもよくなったことで、新たに「新車」として「デロリアンDMC-12」が限定生産されることになるようです。

再生産される「デロリアンDMC-12」は、基本的には当時のオリジナルモデルに限りなく近い仕上がりにする計画とのことですが、ただ、エンジンに関しては現在の基準に合わせなければならないため、当時と同じものは使用されないようです。(もちろんですが、タイムマシンにはなりません。)

「デロリアンDMC-12」が新車で限定で復活!?2017年にも再生産する計画。
新車として復活することになれば、合計で300台程度再生産されることになるようです。
(画像:DeLorean Motor Company
公式サイトより引用)

新車の「デロリアンDMC-12」は、トータルで300台の生産を予定しており、価格は10万ドル程度(日本円にして約1200万円)に設定される見込みで、生産終了後も高い人気を誇り中古車両が高額で取引されていた「デロリアンDMC-12」ですが、限定的ではあるものの、2017年に当時の姿で復活することになりそうです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。