スポンサーリンク
2016年2月21日日曜日

007最新作スペクターのボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!

009スペクターの最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!
オークション会場に展示されたアストンマーチンDB10(画像:Facebook/Aston Martinより引用)

最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションで約4億円で落札される。


今年1月に、映画「007・SPECTRE(スペクター)」のために10台のみ生産された最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」の一台がロンドンで開催されるオークションに出品されるという話題をご紹介していましたが、2月18日に行われたクリスティーズ社のオークションの結果、予想額を大きく上回る243万4500ポンド、日本円にして約3億9481万円という高額で落札されたようです。


映画のために生産されたアストンマーチンDB10。一般向けはこの一台のみ。

009スペクターの最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!
007最新作「スペクター」のために生産された特別なボンドカー「アストンマーチンDB10」
(画像:Facebook/Aston Martinより引用)

当初、落札額として100万ポンド、日本円にして1億6800万円程度になるのではないかと予想されていた最終的な落札価格が、243万4500ポンド、日本円にして約3億9481万円という高額なものになった「アストンマーチンDB10」は、007シリーズ最新作「スペクター」に登場するボンドカーとして、アストンマーチンが特別に10台のみ生産した劇中車となっています。

007最新作スペクターのボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!
オークション会場内で展示されている様子。(画像:Twitter/Aston Martinより引用)
009スペクターの最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!
オークション会場へ運ばれるアストンマーチンDB10(画像:Facebook/Aston Martinより引用)
009スペクターの最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!
VIP向けに開催されたチャリティーオークションとのこと。(画像:アストンマーチン公式サイトより引用)

アストンマーチンDB10は市販モデルでは無く、映画専用のクルマであり、一般向けに販売されるのは今回オークションに出品された車両のみということで、実際に映画に登場した車両ではなく映画のプロモーションに使用されていた車両のようですが、世界に1台だけの本物のボンドカーの価値は、最終的に約4億円という結果になったようです。


ちなみに、今回のVIP向けのチャリティーオークションでは、アストンマーチンDB10の他にも多数の007関連アイテムも出品されており、収益は国境なき医師団などへ寄付されることになるとのことです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。