スポンサーリンク
2016年1月22日金曜日

予想額は1億6000万円以上?最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションへ!

予想額は1億6000万円以上?最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションへ!
007最新作「スペクター」に登場したボンドカー「DB10」がオークションへ。
(画像:christies.comより引用)

最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションへ出品。予想額は100万ポンド。


映画「007・SPECTRE(スペクター)」に登場する最新のジェームズ・ボンドの車「ボンドカー」として注目されている「アストンマーチンDB10」は、市販車ではなく、映画のために特別に10台だけ生産されたという特別なモデルですが、なんと、この10台の中の1台が2月にロンドンで行われるチャリティーオークションに出品されるとのこと。

個人で所有可能なDB10は世界でこの1台のみのようで、予想落札価格は100万ポンド、日本円にして1億6800万円を超えると予想されています。


映画のために製作された本物のボンドカー「DB10」。一般向けは世界でこの1台のみ。

予想額は1億6000万円以上?最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションへ!
DB10は映画のために10台が製作された特注モデル。その中の1台だけをオークションに出品。
(画像:アストンマーチン公式サイトより引用

2月18日に開催されるチャリティーオークション(VIPな方々のみが参加出来る招待制のイベント)に出品されることが発表されたアストンマーチンDB10は、アストンマーチンがジェームズ・ボンドのためだけに生産した「本物のボンドカー」で、007シリーズ最新作「SPECTRE」の撮影とプロモーション用に用意された10台のうちの1台という貴重な車両です。(出品されるのはおそらくプロモーションで使用した車両と思われます)

予想額は1億6000万円以上?最新ボンドカー「アストンマーチンDB10」がオークションへ!
アストンマーチンDB10は007スペクターのワールドプレミアなどでも披露されていました。
(画像:アストンマーチン公式サイトより引用

もともと市販されない特別な劇中車のため、個人所有出来るものはこの1台のみらしく、落札予想価格は100万ポンド、日本円にして1億6800万円以上になると予想されており、売上は国境なき医師団へ寄付されるとのこと。


ちなみにこちらの車両、市販モデルではありませんが、エンジニア、デザイナー、職人によってオーダーメイドで仕上げられたもので、4.7リットルのV8ガソリンエンジンを搭載し、インテリアは高級レザーやカーボンファイバー、アルミニウムを使用したものになっているようです。


ボンドカーと同じ車種の市販車ではなく、最新作で登場したばかりの本物のボンドカー(個人向けは1台のみ)となれば、かなり貴重ですが、どれくらいの価格で落札されるのか、そしてどんな人がオーナーになるのかも気になります。

この記事の続報です。
007最新作スペクターのボンドカー「アストンマーチンDB10」が約4億円で落札!

関連記事
アストンマーチンのVIP向けイベントやパレードで歴代ボンドカーが集結!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。