スポンサーリンク
2016年3月10日木曜日

マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。

マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
マンソリーがフェラーリ488GTBベースのコンプリートカー「4XXシラクーサ」を発表。
(画像:mansory公式サイトより引用)

「マンソリー・4XXシラクーサ」を発表。フェラーリ488GTBベースのコンプリートカー。


普通のフェラーリ488GTBでは物足りないという億万長者向けなスーパーカーなのでしょうか?

ドイツのチューニングメーカーとして奇抜で個性的なモデルを手掛けている事でも知られる「マンソリー」は、フェラーリ488GTBをベースにしたコンプリートカーとなる「マンソリー・4XXシラクーサ」を発表しました。


フェラーリFXX Kを意識?大幅にデザイン変更された「マンソリー・4XXシラクーサ」

マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
マンソリーがジュネーブモーターショーで披露した最新のコンプリートモデル。
(画像:mansory公式サイトより引用)

マンソリーがジュネーブモーターショーに合わせて発表した「4XXシラクーサ(MANSORY 4XX SIRACUSA)」は、フェラーリ488GTBをベースに完全なイメージチェンジが施されたコンプリートモデルとなっており、エクステリア、インテリアはカーボンファイバーを多用するなど大幅に変更され、「4XX」という名前が示す通り、フェラーリのサーキット専用車「FXX K」などをイメージしたデザインに仕上げられています。

マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
リアウイングもフェラーリFXX Kと類似したデザインに。(画像:mansory公式サイトより引用)

マンソリー・4XXシラクーサ」に搭載された3.9リットルのエンジンやエキゾーストシステムは最適化などが行われ、最高出力は790馬力、0-100km/hの加速は2.9秒、最高速度は341km/hと、ベースのフェラーリ488GTBを超える性能となっているようです。

マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
黄色が際立つ配色のインテリア。(画像:mansory公式サイトより引用)
マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
カーボンファイバーとレザーが多用されています。(画像:mansory公式サイトより引用)
マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
レザーシートもマンソリーのものが配置されています。(画像:mansory公式サイトより引用)
マンソリー、フェラーリ488GTBをFXX Kっぽくカスタムした「4XXシラクーサ」を公開。
横から見るとかなりフェラーリFXX Kを意識している雰囲気がありますね。
(画像:mansory公式サイトより引用)

実際にモーターショーで展示された車両の動画は以下より。

価格は公表されていないものの、レザーとカーボンを組み合わせて設計された豪華な内装など、写真を見ただけでもかなり高額なことは間違い無さそうですが、やっぱり、この会社の顧客は普通のフェラーリでは満足出来ず、誰も所有していないようなスゴいクルマを欲しがるような大富豪ばかりなのでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。