スポンサーリンク
2016年4月1日金曜日

警視庁が「フェアレディZ NISMO」のパトカーを導入!交通機動隊や高速隊に配属へ。

警視庁が「フェアレディZ NISMO」のパトカーを導入!
高性能なフェアレディZ NISMOが警視庁のパトカーに。(画像:Twitter/日産自動車株式会社より引用)

「フェアレディZ NISMO」が警視庁のパトカーに。


日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」の高性能仕様となる「フェアレディZ NISMO」のパトカーを警視庁に納車したことを、同社のオフィシャルTwitterにて明らかにしました。

「フェアレディZ NISMO」のパトカーは3台が納車され、実際に交通機動隊や高速隊に配属されるそうです。


NISMO仕様の高性能な「フェアレディZ」がパトカーとして交通機動隊や高速隊に配属へ。

警視庁が「フェアレディZ NISMO」のパトカーを導入!
3台が納車され、実際に配備されるようです。(画像:Twitter/日産自動車株式会社より引用)

今回、警視庁の交通安全ファミリーイベントにて3台納車された「フェアレディZ NISMO」は、フェアレディZをベースにNISMOが手掛けた高性能モデルとなっており、専用チューニングされた3.7リッターV型6気筒ガソリンエンジンが搭載され、最高出力は355PS、内外装もスポーティな設計の車両です。

警視庁が「フェアレディZ NISMO」のパトカーを導入!
一般的なパトカーと違ってかなりスポーティな印象です。(画像:Twitter/日産自動車株式会社より引用)

パトカー仕様ということで、エクステリアのカラーはホワイトとブラック、サイドに警視庁の文字やエンブレム、内装にも警察車両用の装備が搭載されるなどパトカーらしい仕上がりとなっていますが、レッドのブレーキキャリパーにブラックアルミホイール、280km/h表記のメーター、本格的なRECARO製スポーツシートなど、実際に配備される車種としては見た目も性能もかなりスポーティなモデルなのではないでしょうか?


ちなみに、今回導入されたフェアレディZ NISMOのパトカーは、2013年に退役した「マツダRX-8」のパトカーの後継として交通機動隊や高速隊に配属されるようです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。