スポンサーリンク
2016年5月25日水曜日

ホンダ、新型「NSX」の量産開始を発表!第一号車は120万ドルで落札したオーナーへ納車。

ホンダ、新型「NSX」の生産開始を発表!第一号車は約1億3200万円で落札したオーナーへ。
量産が開始されたホンダの新型NSXの第一号車が納車!(画像:hondanews.comより)

ホンダ、新型「NSX」の生産開始を発表!


5月24日、ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、同社が海外展開している高級車ブランド「アキュラ」の新型「NSX」の量産第一号車をラインオフし、オーナーへ納車したことを発表しました。


新型NSXの第一号車はオークションで1億円オーバー。各地域向けの生産も順次開始へ。

ホンダ、新型「NSX」の生産開始を発表!第一号車は約1億3200万円で落札したオーナーへ。
ついに生産が開始されたホンダの新型NSX。(画像:hondanews.comより)

ホンダの発表によると、新型NSXの量産は、専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始されるとアナウンスされています。


記念すべき復活した「NSX」の第一号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたカー・コレクター向けオークション「Barrett-Jackson」にて、120万USドル(※現在の日本円にして約1億3200万円)でその権利を落札したリック・ヘンドリック氏で、今回の納車に際して「この素晴らしい新型NSXの第一号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」というコメントが紹介されており、落札金額は米国の2つのチャリティー団体に寄付されたとのことです。

ホンダ、新型「NSX」の生産開始を発表!第一号車は約1億3200万円で落札したオーナーへ。
第一号車はオークションで落札したリック・ヘンドリック氏へ納車。(画像:hondanews.comより)

ついに量産が始まった新型のホンダNSXについて、日本国内向けの詳細については今のところ未公表ですが、一部メディアの報道では国内でも夏頃に受注が始まるという話題も出ているので、新たな情報が発表された際にはご紹介していきたいと思います。

関連記事
ホンダ、新型「NSX」を正式発表!ついに市販モデルとして登場!
新型NSXの米国での販売価格は1800万円オーバー!オプションを付けると2400万円以上に。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。