スポンサーリンク
2016年9月23日金曜日

フェラーリ「GTC4ルッソT」を発表!V8エンジンを搭載した初の4シーターに。

フェラーリGTC4ルッソT
フェラーリ初のV8エンジン搭載の4シーター「GTC4ルッソT」を発表。(画像:プレスイメージより)

フェラーリからV8エンジンを搭載した初の4シーター「GTC4ルッソT」が登場。


フェラーリは、2016年2月のジュネーブモーターショーにて披露され、5月に日本導入も発表された「GTC4ルッソ」の新たなバリエーションモデルとなる新型車「フェラーリGTC4ルッソT」を正式発表しました。

「GTC4ルッソT」は、跳ね馬史上初となるV8ターボエンジンを搭載した4シーター・モデルとなり、スポーツ性能と多用途性に加えて、日常的にフェラーリを愉しみたいオーナーに向けた、新しいフェラーリのGTコンセプトを導入したモデルとして、パリモーターショーにて初披露されることになります。


フェラーリ「GTC4ルッソT」は快適性や長距離ドライブも可能なシューティングブレークに。

フェラーリGTC4ルッソT
最高出力610PS、最大トルク760Nmの3.9リッターV8ターボエンジンを搭載(画像:プレスイメージより)

今回発表された「フェラーリ・GTC4ルッソT」は、「FF」の後継として既にラインアップされている新型の「GTC4ルッソ」が690PSの6.2リットルV12エンジンを搭載しているのに対し、最高出力610PS、最大トルク760Nmの3.9リッターV8ターボエンジンを搭載したというフェラーリでは初となる「V8エンジン搭載の4シーター」となっており、後輪駆動、4WS(4 輪操舵)、軽量設計およびリア・ヘビーとした重量配分(46:54)によって実現するダイナミックな走行性能と、エレガンスさ、快適性、スポーツ性能を備えたモデルとなっているとのこと。

フェラーリGTC4ルッソT
「フェラーリ・GTC4ルッソT」の0-100km/hの加速は3.5秒、最高速度は320km/h以上。
(画像:プレスイメージより)

発表によると「フェラーリ・GTC4ルッソT」の0-100km/hの加速は3.5秒、最高速度は320km/h以上とのことで、日常的な使用を意識したシューティングブレーククーペでありながらも、高い性能が実現されているようです。

フェラーリGTC4ルッソT
エントリーモデルの「GTC4ルッソT」、「GTC4ルッソ」より価格は抑えられた設定に?
(画像:プレスイメージより)

今回発表された「フェラーリ・GTC4ルッソT」の価格や日本への導入については今のところ公表されていませんが、6.2リットルV12エンジン搭載モデルの「GTC4ルッソ」の価格3470万円に比べれば、エントリーモデルとして価格も抑えられた設定になる可能性が高く、スポーツ性能だけでなく、日常的な走行や長距離ドライブも可能な「実用的な4シーターのフェラーリ」として需要があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。