スポンサーリンク
2016年10月7日金曜日

日本発の次世代EVスーパーカー「GLM G4」がパリモーターショーで初披露!2019年の量産開始を目指す。

GLM G4
京都大学発のベンチャー企業「GLM」がパリモーターショー2016にて次世代スーパーカーのコンセプト「GLM G4」を初披露。(画像:glm-g4.comより)

京都大学発のベンチャー「GLM」が次世代EVスーパーカーコンセプト「G4」を発表。


京都大学発のベンチャー企業として、国産のEVとして初となるスポーツカー「トミーカイラZZ」の量産に成功した「GLM」は、パリモーターショー2016にて次世代スーパーカーのコンセプトモデルとなる「GLM G4」を初披露しました。

シザーズドア方式を採用したデザインが特徴的な「GLM G4」は、すでに量産化に向けた開発が開始されているとのことで、量産開始時期は2019年を目指しており、発売時期や価格は今後随時発表する予定であるとアナウンスされています。


路上を走るヨットがコンセプトの「GLM G4」はシザーズドア方式を採用した特徴的なデザインに。

GLM G4
G4はロードヨットをテーマにしたラグジュアリーGTカーのコンセプト。(画像:glm-g4.comより)

GLMがパリモーターショーで発表した「GLM G4」は、「RoadYacht(ロードヨット)」(路上を走るヨット)がコンセプトのラグジュアリーGTカーとして、クーペスタイルの外観ながら4ドアかつ4シーターを実現した新たなコンセプトEVとなっており、スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員が移動を優雅に楽しむことができる快適性を確保しているとのことで、車両には専用開発の高効率・高出力なモーター「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」が前後に2機搭載され、最高出力は540馬力、最大トルクは1000Nm、0-100km/hの加速は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離400kmを実現していると公表されています。

GLM G4
クーペスタイルですが4人乗り4ドアモデルに。(画像:glm-g4.comより)
GLM G4
前後に2機のモーターを搭載し、0-100km/hの加速は3.7秒。(画像:glm-g4.comより)
GLM G4
コンセプトモデルでは1回の充電で400kmの巡航距離が実現されているとのこと。(画像:glm-g4.comより)

また、「GLM G4」のコンセプト開発では、オランダのデザインハウス「サヴェージ・リヴァーレ」社との業務提携が行われており、デザイン面で前後のドアがハサミのように跳ね上がる「シザーズドア方式」が採用されているのも特徴的で、実際にこのままの姿での市販化が行われるのかは分かりませんが、まさに未来の乗り物的なこのクルマのスタイルなら街中で乗り降りするだけでもかなり注目される存在になるのではないでしょうか?

「GLM G4」、2019年の量産化を目指し今後価格や発売時期も発表へ。

GLM G4
すでに市販化を目指した開発もスタートしており、2019年にも量産開始が予定されています。
(画像:glm-g4.comより)
GLM-G4 Concept Movie from GLM on Vimeo.

最初にもご紹介しましたが、こちらの「GLM G4」はコンセプトだけでなく、すでに2019年の量産化に向けた開発が開始されており、量産化に関連して研究開発拠点を京都府宇治市に開設、自動車設計エンジニアら30人の経験者を新たに迎え入れる計画であるほか、新車両に搭載するモーターインバーターを安川電機と共同開発することで合意するなど本格的に動いているようで、今後、発売時期や価格も発表予定とのことで、市販化されればさらに話題になりそうです。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。