2017年4月19日水曜日

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
2019年の量産化を目指す日本初の次世代EVスーパーカー「GLM G4」(画像:プレスイメージより)

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」の量産プロジェクトが本格始動!


京都を拠点とする電気自動車メーカーの「GLM」は、2016年のパリモーターショーで初披露された日本初のEVスーパーカー「GLM G4」について、4月18日に東京にて国内初披露を行い、2019年の量産化を目指し、4000万円程度の価格で販売する予定であることを発表しました。


2019年に量産開始へ!「GLM G4」専用開発のモーターを搭載し最高出力は540馬力。

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
「G4」は「トミーカイラZZ」を手がけた京都の「GLM」の最新モデル(画像:プレスイメージより)

GLM(ジーエルエム)」は、京都大学発のベンチャー企業として設立され、国産初のEVスポーツカーの量産モデル「トミーカイラZZ」を手がけている電気自動車メーカーで、今回概要が発表された最新モデルの「GLM G4」は、パリモーターショー2016にて次世代スーパーカーのコンセプトモデルとして披露された車両の量産バージョンとなります。

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
2016年のパリモーターショーで披露されたコンセプトカーの市販化。(画像:プレスイメージより)
日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
車両には最新のIoT技術の搭載も計画されているようです。(画像:プレスイメージより)
日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
クーぺスタイルでありながら4ドア4シーターとなっています。(画像:プレスイメージより)


「GLM G4」は専用開発の高効率・高出力なモーターを車両前後に2機搭載した、四輪駆動のスーパーカーとなり、最高出力は540馬力、最大トルクは1000Nmを発揮。道路の表面状態に応じて2機のモーターがそれぞれタイヤの回転力を調整する制御技術も搭載し、走行時の動力を最大化することにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400kmを実現していると公表されています。

珍しい「アビームセイルドア」が採用された「GLM G4」の4ドア4シーターデザイン。

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
前後ドア4枚が高く跳ね上がる「Abeam Sail door(アビームセイルドア)」を採用。
(画像:プレスイメージより)

また、デザイン面での「GLM G4」の特徴としては、クーぺスタイルでありながら4ドア4シーターとなっている部分で、前後ドア4枚が高く跳ね上がる「Abeam Sail door(アビームセイルドア)」という世界的にも珍しいスタイルが採用されており、この名称はヨットが風を受けて、最もスピードが出せる状態を指した言葉で、車両コンセプトとなっている「路上を走るヨット」とスーパーカーの速度を象徴したものとなっているとのこと。

「GLM G4」の販売価格は4000万円を想定!日本や欧州、中東などでの販売も計画。

日本初のEVスーパーカー「GLM G4」2019年に市販へ!価格は4000万円で世界展開も計画。
「GLM G4」は世界展開も計画され、各国のモーターショーなどにも出展を予定。
(画像:プレスイメージより)

発表によると、「GLM G4」の想定価格は4000万円で、2019年の量産化、販売台数1000台を目指し、2017年秋に研究開発拠点が完成予定のほか、IoT技術の搭載に関連したドイツ企業ATSとの協業、安川電機などの企業との共同開発や走行テストなども進められ、市販モデルは日本のほか、欧州、中国、中東などでの販売も計画し、今後、各国のモーターショーに出展予定とのことです。


電気自動車メーカーとしては米国の「テスラ」をはじめ、クロアチアの「リマック・アウトモビリ」などのベンチャー企業だけでなく、ポルシェマセラティなどもEVモデルを開発するとウワサされており、今後、さらに様々な企業が参入する市場になりそうですが、日本の技術を詰め込んだEVスーパーカーが、今後、世界の高級EV市場にどのように受け入れられていくのかに注目です。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。