2014年5月1日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

レクサスLXに450馬力の高性能モデルが登場。ただし今のところ中東のみ?

レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」(画像:qabaq.comより引用)

中東専用?レクサスLXに高性能グレードが登場。


2012年にマイナーチェンジされたレクサスのフラッグシップSUV「レクサスLX」に通常モデルよりもパワフルな特別仕様の高性能モデル「Lexus-LX570-Supercharger」がラインアップされるようです。

複数の海外メディアにて今回導入されると報じられたのは、通常のレクサスLX570のアップグレードパッケージとなっており、同じく5.7リッターV型8気筒エンジンを搭載しているものの、スーパーチャージャーを装備することで最高出力が450馬力(HP)になるというパワフルなモデルとのこと。


「レクサスLX570 スーパーチャージャー」はSUV人気の中東向け?

レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」(画像:qabaq.comより引用)

ただし、この特別モデルは、世界各国で発売されるというわけではなく、SUVの人気が高い中東諸国の市場をメインに投入されるらしく、まずはクウェートで発売されることになるようです。

確かに、よくテレビやメデイアなどで紹介されるアラブの王族や富裕層なスゴい人たちってGクラスやランドローバーなどの高級SUV率が高いように感じますね。

レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」正面から。(画像:qabaq.comより引用)
レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」後ろにはスーパーチャージャーのロゴも確認出来ます。
(画像:qabaq.comより引用)

レクサスLX570 スーパーチャージャー」はドア部分にアルミでスーパーチャージャーのロゴが刻まれたパネルが設置されるほか、内装には赤い本革シートなどが設定され、リアのブレーキランプの中央のレクサスロゴの下にもスーパーチャージャーのロゴが確認出来る仕様で、この他にも20インチホイールや特別なサウンドシステムなどのアイテムも追加されているとのこと。

レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」の内装はレッドの本革レザー仕様(画像:qabaq.comより引用)
レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」に搭載されたエンジン(画像:qabaq.comより引用)
レクサスLX570スーパーチャージャー
ドア下には「レクサスLX570スーパーチャージャー」のロゴが。(画像:qabaq.comより引用)
レクサスLX570スーパーチャージャー
「レクサスLX570スーパーチャージャー」のロゴ(画像:qabaq.comより引用)

一部海外メディアなどではSUVで人気の高いランドローバーのモデルに対抗したものなのでは?という意見も出ていましたが、先日の1台8000万円のメルセデスベンツ「G63AMG 6×6」の国内発売でも感じられるように、SUVは日本でも高い人気を誇るモデルなので、中東のように大型のSUVや高性能を求める声が多ければ今後このようなモデルも投入されるかもしれません。

【関連記事】
新型の「レクサスRX」をニューヨークモーターショーで公開
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。