2015年4月5日日曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

GoProで撮影された「ワイルド・スピード SKY MISSION」のカースタントがスゴすぎる!

映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のカースタントシーンがスゴすぎる!
映画「ワイルドスピード SKY MISSION」は舞台裏もスゴかった。(画像:GoProより引用)

「ワイルド・スピード SKY MISSION」の迫力のカースタントの舞台裏。


ワイルド・スピードシリーズ最新作として日本でも4月17日より公開される映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」(原題:FURIOUS 7)のカースタントの撮影シーンが3月31日に、小型ウェアラブルカメラで有名な「GoPro」のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されました。

「GoPro: Furious 7 - Behind the Stunts」というタイトルの動画では、日産GT-Rが街中で激しいアクションを繰り広げる場面など、GoProの「HERO」を使用して撮影されたという迫力満点なスタントシーンが収められています。


日産GT-Rが街中で疾走、クルマがスカイダイビング、、。

映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のカースタントシーンがスゴすぎる!
本当に飛行機からクルマがスカイダイビング、、、。(画像:GoProより引用)

今回のスタントシーンの撮影では日産GT-Rがお店を突き破って出て来たり、スバル車などをスカイダイビングさせたり、AMGを崖から落としたり、バスを横転させたりと、これを本当にやってるの?と思う程ぶっ飛んだ内容になっています。


メイキングを見ると本編の予告編などで使用されているアクションシーンも、本物のクルマを使って実際に撮影されていたことが実感出来ますね。

ちなみに以下が予告編の動画です。

ちなみに、今作の「ワイルド・スピード SKY MISSION」の制作費は、出演していたポール・ウォーカー氏が亡くなったことによる追加撮影などもあり、当初の予算2億ドル(日本円にして240億円)を大きくオーバーしているようですが、もともとの予算の時点でも前作のワイルド・スピードEURO MISSIONの1億6000万ドルを上回り、過去最高の制作費となっているものと思われます。

【関連記事】
「ダッジ・チャレンジャー」と「ワイルドスピード7」のコラボCMを公開
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2018年12月27日:使用していたシステムがSSL化に対応できない為、PC/スマホ向けで表示していた最新記事一覧を一部変更しております。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。