スポンサーリンク
2013年11月20日水曜日

「日産 GT-R NISMO」究極のハイパフォーマンスGT-Rが誕生


NISSAN GT-R NISMO
発表されたGT-Rのフラッグシップモデル「NISSAN GT-R NISMO」
(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

スーパースポーツカー「NISSAN GT-R NISMO」誕生。

日産自動車は「NISMO」(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)直系となるスーパースポーツカー「NISSAN GT-R NISMO」の発売を発表しました。

このモデルは日産自動車のモータースポーツ部門「NISMO」がサーキットで培ったノウハウをを惜しみなくつぎ込んだモデルとして日産GT-Rに最先端のレーシングテクノロジーを投入した究極のハイパフォーマンスモデルとなります。

最大出力600馬力の超高速ハイスペックマシン「GT-R NISMO」

NISSAN GT-R NISMO
ニュルブルクリンクで達成したラップタイム。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

GT-R NISMOの特徴はNISMOが専用にチューニングした3.8リッターのV6 VR38DETTエンジンを搭載しモータースポーツでのノウハウをフィードバックさせたことにより発生させる最高出力600PS(441kw)、最大トルク652Nm(66.5 kgf・m)という驚異的なパワーです。
これによりGT-R NISMOはGT-R最速のモデルとしてだけでなく、世界で最も過酷と言われるコース「ドイツ・ニュルブルクリンク北コース」で、ラップタイム「7分08秒679」を記録、ついに量産車として最速の記録を更新しました。



また、サスペンションのスプリングと特注のビルシュタイン・ダンプトロニックダンパーなど各部分にNISMOのモータースポーツ、レースから着想を得た装備やチューンが行われているとのこと。


GT-R NISMOの発表披露会、記者会見の模様はこちら。

GT-R NISMO
日産グローバル本社にて行われたNISSAN GT-R NISMOと2014年モデルのGT-Rの発表披露会の様子。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

以下より今回のGT-R NISMOの発表会、記者会見の模様を動画にてご覧いただくことが出来ます。日産自動車が配信したUSTのアーカイブ映像のため、後に削除された場合はご了承ください。

Video streaming by Ustream

ボディー剛性を高めた「ファクトリーチューン」

NISSAN GT-R NISMO
ホワイトカラーのGT-R NISMO。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)
GT-R NISMOのボディーには高負担時にもサスペンションの動作を確保する為にNISMOによる「ファクトリーチューン」を施しているとのこと。
ボディ結合部には通常のスポット溶接に加え、構造用接着剤による補強も追加することによりボディーの剛性を高めており、発生した高い負担にも耐えられるよう工夫されています。

レーシングの哲学をインテリア&エクステリアにも。

NISSAN GT-R NISMO
GT-R NISMOでは様々な部分で使用されたカーボン素材を垣間見ることが出来る。
(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

GT-R NISMOのエクステリアは空力性能を向上させるための特別なスタイルとなっています。
GT-R NISMO 正面から
GT-R NISMOの正面からはこのようなデザイン。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)
GT-R NISMO 真後ろから
GT-R NISMOの真後ろからはこのようなデザイン。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

NISMOが行った空気の流れを分析する最新のシミュレーション技術により空気抵抗への影響を最小化しながら、路面追従性を向上させるエアロパッケージを開発し、バンパー、スポイラーなどにカーボン素材を多く採用することにより軽量化低と重心化を追求しているとのことです。
NISSAN GT-R NISMO
GT-R NISMOのフロントマスク(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)
GT-R NISMO タイヤ ホイール
GT-R NISMOの足回り(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

また、NISMOのアイデンティティでもあるレッドをあしらったデザインのインテリア部分ではRECARO製NISMO専用カーボンバックバケットシートが搭載され、これは人間工学的に基づいて造形されたものとなっておりドライバーを快適かつしっかりと支え、ドライビングをサポートしてくれるそうです。

GT-R NISMOのインテリア。(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)
その他、インテリアの様々な部位(シート、センターコンソール、ドアトリム、ステアリングホイール)にもレッドのステッチがあしらわれておりドライバーがその気になってしまいそうなスパイシーな雰囲気のデザインとなっております。

日産GT-R NISMOの価格。

NISSAN GT-R NISMO
NISSAN GT-R NISMO 発表披露会の様子(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

こちらのGT-R NISMOですが、通常のベースグレードから500万円以上高い1501万5000円にて日本市場に投入されると発表されており、2014年の2月末から日本で発売を予定していると公表されています。

ちなみに今回の発表ではマイナーチェンジした2014年モデルのGT-Rも公開されており905万1000~1011万1500円で12月2日より販売されると公表されています。
NISSAN GT-R NISMO
カルロスゴーンCEOとGT-R NISMO(NISSAN MOTOR CAMPANYニュースリリースより)

「GT-R Nismo」の新たに公開されたオフィシャルイメージ

2014年2月追記:上記の発表の後に新たに追加公開された「GT-R Nismo」のオフィシャル画像を以下より掲載しております。

GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)
GT-R Nismo
「GT-R Nismo」(画像:公式プレスイメージより)

日産が世界に誇るスーパースポーツカーGT-Rに追加された最上級で究極のフラッグシップモデル「GT-R NISMO」。
NISMOの技術を投入した高性能のプレミアムスポーツバージョンとして今後世界各国にも投入する予定と発表されています。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。