スポンサーリンク
2014年2月21日金曜日

「ゴルフR」280馬力エンジンの最強フラッグシップモデルが日本上陸

ゴルフR
日本でも発売された新型のフォルクスワーゲン「ゴルフR」(画像:volkswagenのプレスリリースより)

「ゴルフ」の最上級モデル「ゴルフR」登場

フォルクスワーゲンゴルフのフラッグシップモデルとして280馬力エンジンを搭載した新型モデル「ゴルフR」(Golf R)が2014年の2月20日から日本市場に導入されることが発表されました。

控えめな外観のモデルですが他のモデルにはない驚異的な性能を秘めた「ゴルフR」について写真とともに掲載しています。


フォルクスワーゲン公式のゴルフRのプロモーション動画↓


外観が控えめ、性能はハイパフォーマンスなゴルフR

ゴルフR
来春日本上陸する新型「ゴルフR」(画像:volkswagenのプレスリリースより)

ゴルフGTIなどと比べて飾り気の無い控えめなエクステリアに対して性能面ではスポーティにチューニングされており、最高出力280psの新開発の2リットル直列4気筒直噴ターボエンジン「TSI」を搭載し、0-100km/h加速は4.9秒という高性能なモデルとなっており他社の"特別"な高性能モデルと同じく「4本だしのマフラー」が魅力的です。

ゴルフR
「ゴルフR」に搭載されるエンジン(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
印象的なゴルフRの後ろ姿(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
ブルーが使われたゴルフRのメーター(画像:volkswagenのプレスリリースより)

またインテリア、エクステリアには「R」のロゴが各所に配置されている他、GTIのカラーはレッドでしたが、ゴルフRの場合はブルーをメインにしたカラーをアクセントとしており、メーターやシフトノブなどに取り入れられています。
ゴルフR
新たに追加公開されたゴルフRのオフィシャルイメージ。(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
ゴルフRのカラーは個人的にはブルーよりも下のホワイト×ブラックの方が好きかも。。。
(画像:volkswagenのプレスリリースより)

車高は標準モデルのゴルフより20mmのローダウンが行われ、これはゴルフGTIよりも少し低い設定となっているようです。


ゴルフRがフランクフルトモーターショーで展示されている様子↑


ゴルフRの日本での発売次期と価格が決定!

ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフR(画像:volkswagenのプレスリリースより)

最強のフォルクスワーゲン・ゴルフとなるゴルフRの日本での販売価格などが公開されました。

日本国内でのメーカー小売希望価格は510万円となっており、2月20日より全国の正規ディーラーにて販売が開始されるとのこと。

存在感を放つ最強のゴルフR。

ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフRの内装(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフRの内装(画像:volkswagenのプレスリリースより)

R」のバッヂが輝くブラック仕上げのフロントグリルをはじめ、サイドシル、リップスポイラー、クロームドアミラーなど存在感を主張するゴルフR専用のエクステリアが採用されており、U字状に点灯するLEDポジションランプや4本のクロームデュアルツインエキゾーストパイプなど見た目でも違いが分かる外装となっているほか、インテリアでもスポーク部分に「R」ロゴが輝く、ゴルフR専用のレザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、ブルーに輝くインテリアアンビエントライトをはじめ、同じく鮮やかなブルーのゴルフR専用のドアプレートなども採用されるなどドライバーをその気にさせてくれそうな装備が満載です。

最高峰のスペックと優れた環境性能を持つゴルフR。

ゴルフR
ゴルフRに搭載された2.0リッター4気筒TSIエンジン(画像:volkswagenのプレスリリースより)

また、搭載される2.0リッター4気筒TSIエンジンにはモータースポーツ用のエンジンにも匹敵するという開発プログラムが適用されているほか、、ピストン、高圧インジェクションバルブ、ターボチャージャーなどその他の様々な部分にもチューニングが施されているスポーティ仕様となっています。

ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフR(画像:volkswagenのプレスリリースより)
高い走行性能を誇るゴルフRですが、性能は環境性能部分でもバッチリで、車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるブレーキエネルギー回生システム「ブルーモーションテクノロジー」により、アクセルから足を離して減速した際には車の減速エネルギーを効率よく電力へ変換し、燃料を使うこと無くバッテリーへの充電量を増加させ、逆にアクセルを踏み込んだ際には充電によるエンジン負担を軽減させ充電の為の燃費消費を削減することが出来るとのこと。
ゴルフR
ゴルフR(カラー:ラピスブルーメタリック)(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
ゴルフR(カラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト)
(画像:volkswagenのプレスリリースより)
ゴルフR
ゴルフR(カラー:ディープブラックパールエフェクト)(画像:volkswagenのプレスリリースより)

そして、本格的な「走り」を重視したい方の為に“ESPスポーツ”モードが採用されており、必要に応じてESP機能を完全にカットオフすることも出来るなど、新型の「ゴルフR」はまさにゴルフ最強のモデルとして登場します。

ゴルフR
フォルクスワーゲン ゴルフR(画像:volkswagenのプレスリリースより)

ゴルフRは通常のゴルフに比べるとかなり冒険した価格帯とスペックのモデルとなりますが、ゴルフの最高峰を体感してみたい方はVWディーラーやオフィシャルサイトなどで詳細をご覧になってはいかがでしょうか?

※当初、300馬力と発表されておりましたが、今回実際に日本市場へ導入されるゴルフRは280馬力(PS)との表記となっておりましたのでタイトル及び記事内を修正しております。

【関連記事】
「ゴルフGTE」スポーツ志向の新型プラグインハイブリッドモデルが新登場
新型「フォルクスワーゲン・パサート」を発表。最新装備が満載の高級モデルに
スポーティなフォルクスワーゲン・ゴルフ ヴァリアントGTDを発表
もうステーションワゴンの域じゃない!C63 AMGエステートのバーンアウト
メルセデスベンツ「CLAシューティングブレーク」を正式発表!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。