スポンサーリンク
2014年1月4日土曜日

「Q50オールージュ」日産インフィニティとレッドブルとのコラボレーションモデルが登場へ

Q50オールージュ
インフィニティが公開した「Q50オールージュ」のプロモーションビデオ(Infinitiより)

Q50(日産スカイライン)ベースのハイパフォーマンスモデル「Q50オールージュ」


日産の高級車ブランドとして海外で展開しているインフィニティ(INFINITI)よりリリースされているスポーツセダンのQ50、日本ではスカイラインとして販売されているモデルですが、このモデルをベースにしたハイパフォーマンスモデルのコンセプトを1月13日に開幕する北米オートショーにてワールドプレミアすることが発表され、それに先立ち「Q50オールージュ」の画像が公開されました。


「Q50オールージュ」はレッドブルレーシングとのコラボで生まれたデザイン。

Q50オールージュ
公開された「Q50オールージュ」のイメージ写真。(インフィニティのプレス画像より)

今回のモデルで注目するところは、インフィニティが現在F1で協力関係のあるレッドブルレーシングとコラボレーションしている点です。
Q50オールージュ
全体が市販モデルよりもスポーティでクールなエクステリアデザインへ進化している。
(インフィニティのプレス画像より)

このモデルはレッドブルのF1マシン「RB9」にインスパイアされたデザインとなっており、「Q50 オールージュ」ではQ50(スカイライン)をベースにエアロダイナミクスなどが見直されたデザインが特徴的で、BMWのように軽量化に貢献するカーボンファイバーをルーフなどに採用しているほか、多くのエクステリア部分での改良や変更点がありQ50をベースモデル以上に高級感とスポーティな外観を併せ持った本格的なスポーツセダンに進化させています。

現在はインフィニティのコンセプトカーとして、今後のコラボレーションへの期待も。

Q50オールージュ
「Q50オールージュ」をサイドから見るとこんな感じ。(インフィニティのプレス画像より)

今回発表された「Q50オールージュ」は現時点ではコンセプトカーとしての発表というカタチになるようですが、かなり具体化されたデザインコンセプトであるため今後のレッドブルとインフィニティのコラボレーションモデルの市販化への期待も出来ます。



BMWのMやメルセデスのAMG、アウディのRSのように国産メーカーの市販モデルの上位的な位置づけとなる本格的モデルが登場すると面白いかもしれません。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。